So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

半席 [本]

11月7日(木)
青山文平『半席』(新潮社)読了。

半席 (新潮文庫)

半席 (新潮文庫)

  • 作者: 青山 文平
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/09/28
  • メディア: 文庫


江戸時代、文化年間の江戸。
片岡直人は24歳、御家人の息子で、徒目付。
親子二代の間にお目見えの仕事を2回果たせば、旗本になれるが、父が1回、自分は0回。
お目見え1回の御家人を「半席」と言う。
一刻も早く、勘定方に出世して、お目見えとなり、旗本になりたい。
ところが、上司の組頭・内藤雅之から厄介な仕事を頼まれる……。

青山文平氏の本は、『つまをめとらば』に続いて、2冊目。
「片岡直人」を主人公にした短編6つを収録した、連作短編集。
作者の青山氏は、1948年生まれで、2011年、63歳で作家としてデビュー。
2016年、『つまをめとらば』で直木賞授賞。
57歳の僕もまだまだ頑張らねばと思った。

キャラメルボックス2018クリスマスツアー『リトル・ドラマー・ボーイ』の稽古9日目。
1~6場を通し、7・8場の立ち稽古をし、11場の殺陣付けをしました。
殺陣師は大内厚雄。
3時間ちょっとで、無事に最後まで付け終わりました。
『リトル・ドラマー・ボーイ』には男優が6人出演しているのですが、11場の殺陣にはその全員が参加している。
この芝居の最大の見どころだと思います。
カッコイイ男たちの雄姿にご期待ください。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2