So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

明石家さんまの話し方はなぜ60分、人をひきつけて離さないのか [本]

12月2日(日)
久留間寛吉『明石家さんまの話し方はなぜ60分、人をひきつけて離さないのか』(あっぷる出版)読了。

明石家さんまの話し方はなぜ60分、人をひきつけて離さないのか

明石家さんまの話し方はなぜ60分、人をひきつけて離さないのか

  • 作者: 久留間 寛吉
  • 出版社/メーカー: あっぷる出版社
  • 発売日: 2012/05/01
  • メディア: 単行本


フリーライターの久留間寛吉が、明石家さんまの話術を考察する。

過去の映像を振り返り、丁寧に分析している。
で、明石家さんま氏の話術に魅力がある理由とは、
〇生来のサービス精神。
〇「あなたに興味ありまっせ」という態度。
〇「自分が好きならそれでいい」と相手に媚びない。
〇ギャラ・視聴率を気にしない。
〇定番の自虐ネタで周囲の心を掴む。
〇相手が大物でも子役でも突っ込む。
〇予想外の反撃を受けても「やられたけどうれしい」という満面の笑み。
〇全身を使ってリアクションする。
などなど。
調子がよさそうに見えて、仕事にはストイック。
だから、第一線で活躍し続けることができるのだろう。
とてもためになる本だった。

キャラメルボックス2018クリスマスツアー『リトル・ドラマー・ボーイ』八王子公演の2日目。
2ステージ目にして、八王子公演の千秋楽。
今日お時間がある方はぜひ八王子市芸術文化会館いちょうホールに足をお運びください。
先週の水曜から八王子に通い続けてきましたが、いよいよ今日が最後。
西放射線ユーロードのドンキホーテには大変お世話になりました。
今日もお買い物をしてから、劇場入りします。
頑張ります!


nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2