So-net無料ブログ作成

007/ムーンレイカー [映画]

1月8日(火)
ルイス・ギルバート監督『007/ムーンレイカー』(1979年)WOWOWで鑑賞。

007 ムーンレイカー 特別編 [DVD]

007 ムーンレイカー 特別編 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD


アメリカからイギリスへ空輸中のスペース・シャトル「ムーンレイカー」が、何者かにハイジャックされて消えた。
ジェームズ・ボンド(ロジャー・ムーア)は「ムーンレイカー」を開発・製造した科学者ドラッグス(ミシェル・ロンダール)に会うため、アメリカへ向かう。
出迎えの秘書コリンヌ(コリンヌ・クレリー)の操縦するヘリで、巨大な開発センターに降り立つ。
NASAから派遣された科学者ホリー(ロイス・チャイルズ)に接近し、ドラッグスの金庫の中にあった図面を写真に撮った……。

007シリーズの第11作で、ロジャー・ムーアの4作目。
当時は、『スター・ウォーズ』『未知との遭遇』の大ヒットで、空前の宇宙SFブーム。
その影響だろう、後半、ボンドはスペースシャトルに乗船して、ドラッグスの宇宙ステーションに行く。
クライマックスは光線銃の撃ち合いで、それが『スター・ウォーズ』なら構わないのだが、007でやられると、途端に嘘っぽく感じられてしまう。
第10作の『私が愛したスパイ』は公開当時に見て、おもしろかった印象があるか、これは軽すぎて、いただけない。
ボンドガールの2人、コリンヌ・クレリーとロイス・チャイルズは美しかったが。

1月1日から1日2本のペースで映画を見ています。
WOWOWで録画したものが膨大に溜まってしまったので。
もちろん、4日からはちゃんと仕事もしてますよ。
ただし、本を読む暇がない。
1日1冊が基本なのですが、今読んでいる本は3日目に突入してしまいました。
あちら立てればこちらが立たずですね。
でも、頑張ります。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

nice! 3