So-net無料ブログ作成

僕のワンダフル・ライフ [映画]

1月10日(木)
ラッセ・ハルストレム監督『僕のワンダフル・ライフ』(2017年)GEOのレンタルDVDで鑑賞。

僕のワンダフル・ライフ[AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

僕のワンダフル・ライフ[AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: Blu-ray


アメリカ。
「僕」は野良犬として生まれたが、すぐに「野犬捕獲業」の男たちに捕まり、生を終える。
次に生まれた時は、ゴールデン・レトリーバーだった。
ブリーダーから逃げ出したところを、通りがかりの男2人に捕まり、車に乗せられる。
男たちは車を駐車場に置いて去る。
脱水症状を起こしてグッタリしていたところへ、少年と母親が通りかかって、助けてくれた。
それがイーサンとの出会いだった。

W・ブルース・キャメロンの小説『野良犬トビーの愛すべき転生』の映画化。
ある犬の魂が50年の間に4回生まれ変わり、5つの「犬生」を生きる。
2回目で出会った8歳の少年イーサンと友情を育むが、犬の寿命の方が短く、先に死ぬ。
生まれ変わった彼はイーサンを探すが、もちろん会えない。
と書けば、ラストでどうなるか、想像がつくだろう。
ラストは涙なしでは見られない感動作。
監督は『マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ』『ギルバート・グレイプ』のラッセ・ハルストレム。
僕の大好きな監督さん。
『HACHI/約束の犬』に続く、犬を主人公にした映画。
きっと犬好きなのだろう、たくさんの犬たちに上手に演技させている。
ラストで初老となったイーサンが出てきたが、演じていたのがデニス・クエイド。
この人は口が大きいので、「少年・青年時代と全然顔が違うじゃん!」と思ったが、懐かしい顔を見ることができて、うれしかった。
お薦めです。

今やっている仕事は、今年秋に上演する予定の脚本のシノプシス作り。
どこで何もやるかは、まだ明かせません。
発表は春頃になると思います。
今日は昼に近所のスーパーに買い物に行っただけで、ほとんど歩いていない。
これからちょっとだけ散歩してこようと思います。
今日は今年一番の冷え込み。
外に出るのは辛いけど、やっぱり少しは体を動かさないとまずい。
それでは行ってきます。

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 1