So-net無料ブログ作成

トム・ゴードンに恋した少女 [本]

1月21日(月)
スティーヴン・キング『トム・ゴードンに恋した少女』(新潮文庫)読了。

トム・ゴードンに恋した少女 (新潮文庫)

トム・ゴードンに恋した少女 (新潮文庫)

  • 作者: スティーヴン キング
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2007/05/29
  • メディア: 文庫


アメリカ、メイン州サンフォード。
トリシア・マクファーランドは9歳、レッドソックスのクローザー、トム・ゴードンの大ファン。
両親が離婚して、今は母キラ・アンダーセン、兄ピート・マクファーソンと3人暮らし。
ある土曜日、家族3人でアパラチア自然遊歩道にハイキングに出かける。
母と兄の口論に嫌気がさしたトリシアは、トイレのため、一人で遊歩道から外れて、森の中に入る。
そして、遊歩道に戻れなくなってしまう。
「川に沿って歩いていけば、いつかは海に出る」
トリシアは川を探して、森の中を歩き始める……。

スティーヴン・キングの本はこれが16冊目。
9歳の少女を主人公にしたサバイバル小説で、話はきわめてシンプルなのに、圧倒的なおもしろさ。
トリシアは幻想のトム・ゴードンに励まされ、森の中を何日も歩き続ける。
巻末の翻訳者・池田真紀子氏によれば、キングをこれを構想ナシで、ぶっつけで書いたらしい。
確かに伏線やどんでん返しなどの仕掛けは一切ない。
トリシアはひたすら歩き続けるだけ。
しかし、9歳の女の子の命を懸けた冒険は、まさに手に汗握るスリルの連続。
「最後は助かるに決まってる」と思いながらも、先が気になって仕方なかった。
やっぱりキングは凄い。
脱帽です。

修理に出していた右の補聴器がようやく戻ってきました。
これを機に、左右とも音量を上げたので、他の人の声が非常に聞き取りやすくなりました。
もう、他の人と話をする時、右を向いて、相手に左耳を向ける必要はない。
よかったよかった。
でも、健常者よりはやっぱり少し聴力が落ちるので、私と話をする時は、ぜひ音量を少しだけ大きくしてください。
よろしくお願いします。

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 1