So-net無料ブログ作成

修道女たち [本]

7月20日(土)
ケラリーノ・サンドロヴィッチ『修道女たち』(白水社)読了。

修道女たち

修道女たち

  • 作者: ケラリーノ・サンドロヴィッチ
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 2018/11/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


一世紀ほど前のヨーロッパのどこか。
6人の修道女が旅の支度をしている。
国王の弾圧が強まり、43人の修道女が殺されたが、残された6人は毎年恒例の巡礼を実行する。
行き先は田舎の山荘で、6人を迎えたのは頭の弱い娘オーネジーだった。
オーネジーは修道女の一人ニンニと親しく、自分も修道女になりたいと思っていた……。

ケラ氏の本を読むのは久しぶりで、これが3冊目。
帯に「マジックリアルな群像劇」とある通り、リアリズムの手法で描かれているが、現実ではない。
修道女たちが信仰しているのはキリスト教とは別の宗教で、「アーメン」のかわりに「ギッチョダ」と唱える。
不思議な物語。

今日は池袋あうるすぽっとへ行き、『春春(ボムボム)』という芝居を見てきましした。
一色洋平君が出演しているのです。
スズキ拓郎氏の演出による、韓国の昔話を題材にした、ファミリー向けのパフォーマンス。
2年前に韓国で上演したものの再演で、韓国の俳優も5人出演していました。
セリフはほとんどないので、問題ナシ。
一色君がソロで歌うシーンもあり,大活躍でした。
終演後、楽屋に行き、一色君に挨拶をしました。
今日が初日で、公演は7月28日(日)までです。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2