So-net無料ブログ作成

転落の後に・ヴィシーでの出来事 [本]

7月31日(水)
アーサー・ミラー『転落の後に・ヴィシーでの出来事』(ハヤカワ演劇文庫)読了。

アーサー・ミラー〈4〉転落の後に/ヴィシーでの出来事(ハヤカワ演劇文庫 38)

アーサー・ミラー〈4〉転落の後に/ヴィシーでの出来事(ハヤカワ演劇文庫 38)

  • 作者: アーサー・ミラー
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2017/04/06
  • メディア: 文庫


弁護士のクェンティンが自身の半生を語り始める。
両親や最初の妻など、過去に関わった人々が次々と現れて、過去の1場面を演じる。
二番目の妻は有名な女優だった。
幸福に出会い、愛を育んだはずなのに、二人の結婚生活はすぐに破綻してしまう。
一体何が悪かったのか……。

アーサー・ミラーの戯曲集の第四弾で、『転落の後に』と『ヴィシーでの出来事』の2作を収録。
上記は『転落の後に』。
ミラーの自伝的な作品で、二番目の妻・マギーは、もちろん、かのマリリン・モンローがモデル。
全二幕で、二幕のヒロインはマギー、そしてクライマックスはクェンティンとマギーの壮絶な夫婦喧嘩。
どうしたって、モンローの顔を思い浮かべてしまう。
おかげで、初演当時に非常に評判が悪かったらしい。
一方、『ヴィシーでの出来事』は、第二次世界大戦中のフランスにおけるユダヤ人に対する弾圧を描く。
フランスからポーランドの収容所へ送られた人たちもたくさんいたのだ。
終始緊迫感に溢れ、楽しめた。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2