So-net無料ブログ作成

イカとクジラ [映画]

8月20日(火)
ノア・バームバック監督『イカとクジラ』(2005年)netflixで鑑賞)

イカとクジラ コレクターズ・エディション [DVD]

イカとクジラ コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • メディア: DVD


1986年、ブルックリン、パークスロープ。
バーナード・バークマン(ジェフ・ダニエルズ)はスランプ中の純文学作家、その妻ジョーン(ローラ・リニー)は売り出し中の新進作家。
この夫婦が離婚することになり、16歳の長男ウォルト(ジェイス・アイゼンバーグ)と、12歳の次男のフランク(オーウェン・クライン)は、父と母の家を毎日行ったり来たりし始める。
バーナードはプライドが異常に高く、他人を「知性が低い」「俗物」と決めつける。
ジョーンは4年前から浮気を繰り返していた。
ウォルトは母の浮気を責めて、父についた。
フランクは思春期に入り、酒とオナニーに走った……。

離婚問題を題材にした映画は多いが、ここまで子供の気持ちを掘り下げたものは今まで見たことなかった。
それにしても、この両親のひどさはどうだ。
どちらも結局、自分のことしか考えていない。
アメリカの離婚率の高さは、個人の強烈な自己肯定、執拗な欲望追求が原因なのではないか?
日本もそうなりつつあるのか?
個人主義は結構だが、幸福は自分一人では掴み得ないことに気付くべきではないか?
よくできた映画だが、ひたすらイヤに気持ちになった。

nice!(2) 

nice! 2