So-net無料ブログ作成

dele2 [本]

8月25日(日)
本多孝好『dele2』(角川文庫)読了。

dele2 (角川文庫)

dele2 (角川文庫)

  • 作者: 本多 孝好
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/06/15
  • メディア: 文庫


真柴祐太郎は、坂上圭司が一人でやっている会社「dele.LIFE」の社員。
この会社は、依頼人が亡くなった後、依頼人が所有するパソコンの中に残されたデータを消す。
ある日、相和医科大学の元教授・室田和久が亡くなり、彼のデータを消すことになる。
祐太郎の妹の鈴(りん)は9年前、相和医科大学付属病院の新薬の治験で亡くなった。
室田は鈴の死に関わっていたらしい……。

テレビドラマになった『dele』の続編。
3つの話に分かれ、3つ目は全体の3分の2近くの長さで、おそらくこのシリーズの完結編。
一冊目から敷かれた伏線がすべて回収される。
それが非常によく出来ていて、アッと驚かされる。
本多孝好氏は1971年、東京生まれ。
慶応大学法学部を卒業し、99年に『MISSING』でデビュー。
寡作だが、レベルの高いミステリーを書き続けている。
次回作も楽しみ。
この本もお薦めです。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2