So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ホワイトラビット [本]

6月30日(土)
伊坂幸太郎『ホワイトラビット』(新潮社)読了。

ホワイトラビット

ホワイトラビット

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/09/22
  • メディア: 単行本


白兎事件の一カ月前。
兎田孝則は人を誘拐する会社の社員で、指定の人物を連れ去ってくる役割。
同僚の猪田勝と女性を拉致する。
会社のコンサルタントをつとめる折尾、通称「オリオオリオ」が行方不明になったらしい。
折尾は会計係の女を使って、会社の金を横領していたらしい。
オリオン座が大好きで、その蘊蓄を垂れるのが趣味の男だった。
空き巣の黒澤は、同業者の中村に紹介されて、今村と仕事をすることになる。
今村は標的の家でなく、隣の家に入ってしまう。
しかも、そこに、黒澤がいつも被害者宅に残していく置き手紙を落としてくる。
黒澤は仕方なく、隣の家に向かう……。

伊坂幸太郎氏の本はこれが36冊目。
空き巣の黒澤を主人公にしたシリーズの最新作。
立て籠もりを題材にしているが、物凄い仕掛けがしてあって、まんまと騙された。
さすがとしか言いようがない。
上記は最初の数ページで、これだけでは何のことかわからないだろう。
が、これ以上説明すると、ネタバレになってしまいそうで、こわい。
とにかくご一読を。
あなたもきっと騙される。

キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』の稽古22日目。
7場から12場まで、各場1回ずつ復習した後、第二回通し稽古。
今日は衣裳付き。
早替えが心配でしたが、何とか無事に最後まで通すことができました。
三浦剛も間違えなかった。
石原善暢の二つ目の役が、見ただけでおかしくて、最高でした。
上演時間は5秒短縮して、1時間50分31秒。
快調なテンポで、最初から最後まで楽しむことができました。
ところで、本日、6月30日は、キャラメルボックスの33回目の結成記念日。
特にお祝いはしませんでしたが、33年経っても、こうして新作の稽古をしていられるのは本当にありがたいことがと思います。
キャラメルボックスにかかわるすべての方々に感謝します。
ありがとうございます。
明日からもよろしくお願いします。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

パリピ経済 [本]

6月29日(金)
原田曜平『パリピ経済』(新潮新書)読了。

パリピ経済 パーティーピープルが市場を動かす (新潮新書)

パリピ経済 パーティーピープルが市場を動かす (新潮新書)

  • 作者: 原田 曜平
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/04/14
  • メディア: 新書


博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダーの原田曜平が、「パリピ」こと「パーティー・ピープル」の生態を解説する。

パリピとは、
〇大規模イベントや野外フェス、クラブが大好き。
〇友達数が多く、SNSを積極的に利用する。
〇楽しむためにはお金、時間、労力を惜しまない。
〇社交的でコミュ力が高い。
〇海外かぶれが多い。(特にアメリカ、韓国も少々)
〇生活満足度が高い。
〇家の裕福な人が多い。帰国子女、慶応大学など偏差値の高い大学生が多い。
〇パリピの中でも、読モ、ダンサー、DJはステータスが高い。
パリピは若者トレンドの伝道者で、以下が彼らの流行らせたもの。
〇ハロウィン
〇自撮り棒
〇リムジンパーティー
〇ナイトプール
〇オクトーバーフェスト
〇ラン系イベント
〇ラブホ女子会、ドレスコード女子会
アメリカのイノベーター理論によれば、流行の発信者は人口の2,5パーセントの「イノベーター」。
それを広めるのが13,5パーセントの「アーリー・アダプター」。
この「アーリー・アダプター」が別名、パリピ。
それに追随するのが、34,0パーセントの「アーリー・マジョリティ」。
別名、サーピー(サークル・ピープル)。
それに追随するのが、34,0パーセントの「レイト・マジョリィ」。
別名、パンピー(一般ピープル)。
そして最後に重い腰を上げるのが、16,0パーセントの「ラガード」。
僕は間違いなく「ラガード」なので、この本はとてもためになった。
お薦めです。

キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』の稽古21日目。
1場から6場まで、各場1回ずつ復習して、18時より、第一回通し稽古。
舞台監督、照明、音響のスタッフさんの他、多田直人、大滝真実が見に来てくれました。
昨日一回通したのに、やっぱりミスがチラホラ。
しかし、芝居が進むに従ってミスが減り、クライマックスは白熱。
上演時間は昨日より20秒ほど短くなって、1時間50分36秒。
全体的にはまずまずの出来でした。
明日の2回目は衣裳付き。
早替えが多いので、てんてこ舞いになるはず。
何とか無事に最後まで通せるとよいのですが。
頑張ります!




nice!(3) 
共通テーマ:演劇

口笛の上手な白雪姫 [本]

6月28日(木)
小川洋子『口笛の上手な白雪姫』(幻冬舎)読了。

口笛の上手な白雪姫

口笛の上手な白雪姫

  • 作者: 小川 洋子
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2018/01/25
  • メディア: 単行本


小母さんは公衆浴場の裏庭の小屋に一人で住んでいる。
その小屋は、白雪姫が7人の小人と暮らした家によく似ていた。
小母さんの仕事は、公衆浴場に赤ちゃんを連れた女性が来たら、彼女の入浴中に赤ちゃんを預かること。
初めての赤ちゃんも、小母さんは上手にあやした。
小母さんは上手に口笛が吹けるのだ……。

小川洋子氏の本はこれが47冊目。
8つの短編を収録した短編集で、上記は表題作の『口笛の上手な日白雪姫』。
いつものように、不思議な小説の数々。
僕は『口笛の上手な白雪姫』が最もよかった。
深く感動した。
なんて切ない話だろう。
お薦めです。

キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』の稽古20日目。
ダンス振付の4回目でしたが、振付も振り固めも終わったので、今日は川崎先生の助手の本田さんが来て、復習をしてくれました。
その後は、カーテンコールと、撮影OKタイムの練習。
今回も終演後にちょっとだけ、お客さんが舞台を自由に撮影できる時間をご用意しました。
で、休憩後に、1場から撮影OKタイムまで通しました。
正式な通し稽古は明日からなので、今日のは「プレ通し稽古」。
やっぱり、通しは緊張するのでしょう。
セリフのミスや、テンポの乱れが目立ちました。
上演時間は1時間50分54秒。
カーテンコールと撮影OKタイムまで含めると、1時間54分40秒。
やはり、いつもより10分短いようです。
が、中身はいつも以上に濃密で、ドラマとダンスと笑いとアクションがてんこ盛り。
まだチケットを買ってないというあなた!
今すぐチケットぴあか、イープラスか、ローソンチケットか、楽天チケットに電話しなさい!
いいですね?

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

天使とは何か [本]

6月27日(水)
岡田温司『天使とは何か』(中公新書)読了。

天使とは何か キューピッド、キリスト、悪魔 (中公新書)

天使とは何か キューピッド、キリスト、悪魔 (中公新書)

  • 作者: 岡田 温司
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2016/03/24
  • メディア: 新書


京都大学大学院教授の岡田温司が、キリスト教美術を通して、天使の起源と歴史を解説する。

ルネサンス絵画には、天使によく似た子供たちがしばしば描かれている。
それはキューピッド、プットー(裸童)、スピリテッロ(小精霊)。
素人目には区別がつかない。
それもそのはず、描いた本人たちがそれらと天使を混同しているのだ。
天使はキリスト教以外の様々な宗教や文化の影響を受けて成立した。
初期キリスト教には、キリストを天使とみなす一派もあったらしい。
その後、三位一体説が公式になり、排除されたらしい。
僕は『グッドナイト将軍』『クローズ・ユア・アイズ』『ウルトラマリンブルー・クリスマス』『BREATH』『彼は波の音がする』『エンジェルボール』など、自分の作品に何度も天使を登場させてきた。
で、本当のところを知りたいと思い、この本を読んでみたのだが、今一つわからない。
いろんな説があり、いろんな天使がいるのだ。

キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』の稽古19日目。
昨日は1~6場を通したので、今日は7~12場、1~6場、7~12場と、半分通しを3回やりました。
やはり繰り返すと、徐々にミスが減ってくる。
テンポもよくなり、演技も熱を帯びてくる。
上演時間はあまり伸びず、今日の1~6場、7~12場の合計タイムは、1時間50分22秒。
いつもよりやや短めということもあり、あっと言う間にラスト、という印象です。
ストレートな熱い物語ですが、楽しいシーンがいっぱいあります。
今日も見ながら、いっぱい笑いました。
明日も楽しみ!
残り5日、頑張ります!

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

砂漠の流れ者 [映画]

6月27日(水)
サム・ペキンパー監督『砂漠の流れ者』(1970年)WOWOWで鑑賞。

砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード 特別版 [DVD]

砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード 特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: DVD


アメリカ西部。
ケーブル・ホーグ(ジェイソン・ロバーズ)は仲間のタガート(L・Q・ジョーンズ)とボーエン(ストロザー・マーティン)にライフルとロバと食糧と水筒を奪われ、砂漠の真ん中に取り残される。
2人への復讐を誓い、砂漠を歩き始める。
4日目、力尽きて倒れた時、地面が湿っていることに気付く。
地面を掘ると、水が沁み出てきた。
そこは駅場所の通り道で、60キロ離れた二つの町の真ん中だった。
ケーブルはそこで水を売る商売を始める……。

暴力描写で有名なサム・ペキンパー監督だが、この映画はのんびりとしたコメディ。
メインはどん底から這い上がるオッサン、ケーブル・ホーグ。
ケーブルと出会い、仕事を手伝うエロ牧師、ジョシュア(デイヴィッド・ワーナー)。
ケーブルが一目惚れする町の短気な娼婦、ヒルディ(ステラ・スティーヴンス)。
3人とも魅力的で、楽しむことができた。
原題は『The Ballad of Cable Hogue』。
91年の再公開時は、『ケーブル・ホーグのバラッド/砂漠の流れ者』というタイトルだったらしい。
「みんなのシネマ・レビュー」というサイトで高得点だったので見てみたのだが、思わぬ拾い物だった。

キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』の稽古、残り6日となりました。
稽古はきわめて順調で、後は役者たちが芝居に慣れるばかり。
もちろん、改良できるところはどんどん改良しますが。
上演時間は現時点で、1時間52分。
昨日、前半を通したら、約2分伸びていたので、後半もおそらく伸びるだろうと思われますが、それでも2時間を越えることはないでしょう。
キャラメルボックスらしい、スピード感溢れるファンタジーになっていると思います。
今日も午後から稽古。
それでは行ってきます。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

終りなき夜に生れつく [本]

6月26日(火)
恩田陸『終りなき夜に生れつく』(文藝春秋)読了。

終りなき夜に生れつく

終りなき夜に生れつく

  • 作者: 恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/02/20
  • メディア: 単行本


アフリカ北部の某国。
須藤みつきは、ボランティアで世界中に医師を派遣する団体に入っている医師。
仲間4人とこの国へ来た。
お姉言葉を話す陽気な医師・軍勇司(いくさゆうじ)と親しくなる。
ある日、ヒドゥ族に悪魔が現れたという噂を聞く。
彼らが住むのは、「イロ」の強い地域。
悪魔とは超能力が使える者・在色者なのだろうか?
5人はヒドゥ族の部落へ向かう……。

恩田陸氏の本はこれが57冊目。
短編4つを収録した本で、上記は一つ目の『砂の夜』。
どの話も『夜の底は柔らかな幻』の登場人物たちが主人公で、彼らの前日譚を描いている。
が、『夜の底は柔らかな幻』を読んでいなくても楽しめる。

今日は10時から、キャラメルボックス俳優教室の授業。
2人コントの4回目。
相変わらずあまり笑えなかったけれど、みんな大分慣れてきた様子。
コントらしいコントになってきました。
9組中1組が合格!
やっぱり合格者が出るとうれしいものです。
「他の者も続け!」と思います。
14時から、キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』の稽古18日目。
9・10場、10・11場、11・12場、12場を復習した後、1~6場を通しました。
通すとやっぱりいくつかミスが出る。
何度も繰り返して、慣れるしかありません。
上演時間は53分ちょっと。
前回より2分伸びました。
明日は後半を通します。
nice!(1) 
共通テーマ:演劇

アウトサイダー・アートの極致 [本]

6月25日(月)
宮脇豊『アウトサイダー・アートの極致』(ギャルリー宮脇)読了。

Singular visions―アウトサイダー・アートの極致

Singular visions―アウトサイダー・アートの極致

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ギャルリー宮脇
  • 発売日: 2008/06
  • メディア: 単行本


ギャルリー宮脇を主宰する宮脇豊が、アウトサイダー・アートの画家13人の作品を紹介する。

「アウトサイダー・アート」とは、正規の美術教育を受けていない美術家による作品のこと。
たとえばこの本の最初に紹介されているパール・アルコックは、1934年、ジャマイカに生まれた。
25歳で結婚生活を捨てて、イギリスに移住。
工場で働き、自分のブティック、カフェ、クラブを持ったが、47歳で閉鎖。
51歳の時、友人にバースデーカードを贈る金もないため、自分で絵を描き始めた。
そして彼女は、イギリスを代表するセルフトート・アーティストとなる。
彼女を含め、この本で紹介されている画家たちは、正規の教育を受けていないため、一般的な意味において、絵はうまくない。
が、独特の感性を持っていて、強い印象を残す。
僕はアメリカ生まれのスイス人、キャロル・ベイリーが一番気に入った。
まるで落書きみたいだが、全体のバランスと色使いがすばらしい。
こんな世界もあるのだな、と目からウロコだった。

キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』の稽古17日目。
5・6、6・7、7・8、8・9場の復習をした後、衣裳合わせ。
多い役者は6つも役を演じるので、着替えの数が凄い。
矢野聖は5着、島野知也は6着着ていました。
その一方、語り手で出ずっぱりの関根翔太、田中亨君は着替えなし。
主役の三浦剛も出ずっぱりですが、なぜかいっぱい着替えがある。
こんなに着替えが多い主役は珍しい。
次の出番を忘れて、その次の出番の衣裳を着てしまったら、もうアウトです。
25年以上前、上川隆也がそれをやりそうになって、あわやということがありました。
三浦にはくれぐれも気をつけてほしいです。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

花戦さ [映画]

6月25日(月)
篠原哲雄監督『花戦さ』(2017年)WOWOWで鑑賞。

花戦さ [DVD]

花戦さ [DVD]

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD


天正年間。
池坊専好(野村萬斎)は京都・頂法寺六角堂の花僧。
上司の命令で、岐阜城へ行き、天下統一を目指す織田信長(中井貴一)の前で花を活ける。
完成した松の枝が折れ、信長の怒りを買うが、豊臣秀吉(市川猿之助)の機転で、命拾いをする。
その席にいた千利休(佐藤浩市)は、専好に興味を抱く。
十数年後、秀吉は天下統一まであと一歩のところまで来ていた。
利休は専好を自宅の茶室に招く。
専好は六角堂の当主の重責に苦しんでいると告白し、涙を流す……。

華道・池坊の初代家元の話。
専好の腹心役が、和田正人君。
前田利家役が、佐々木蔵之助。
六角堂に通う商人役が、山田幸伸さん。
知り合いがいっぱい出ていて、とてもうれしかった。
篠原哲雄監督らしい、正攻法の映画。
僕は野村萬斎さんのオーバーアクトが苦手だが、脇役が充実していて、楽しめた。

キャラメルボックス2018グリーティングシアター『無伴奏ソナタ』大阪公演が、昨日、無事に千秋楽の幕を下ろしました。
長かったツアーもこれで終了です。
ご来場くださった皆さんに厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました。
で、今日は稽古場で片づけ。
『エンジェルボール』の稽古は夕方からです。
あと11日後には、『エンジェルボール』の幕が上がる。
『無伴奏ソナタ』のバトンをしっかり受け取って、おもしろい芝居にします。
やったるど!

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

貘の耳たぶ [本]

6月24日(日)
芦沢央『貘の耳たぶ』(幻冬舎)読了。

貘の耳たぶ

貘の耳たぶ

  • 作者: 芦沢 央
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/04/20
  • メディア: 単行本


石田繭子は帝王切開で男の子を産む。
病院の新生児室へ行くと、母親学級で知り合いになった平野郁絵の子が、自分の子より210グラム体重が重いことに気付く。
繭子は自分の子と郁絵の子を取り替えてしまう。
いつ気付かれるかとビクビクしていたが、そのまま退院の日が来る。
外国線パイロットの夫は、息子に「航太」という名前をつけた。
半年後、郁絵から電話がかかってくる……。

芦沢央氏の本はこれが7冊目。
全2章で、第1章が繭子の視点、第2章が郁絵の視点で描かれている。
僕には繭子が子供を取り替える理由がどうしてもわからなかった。
狂っているとしか思えず、ゆえに理解も共感もできなかった。
一方、郁絵の気持ちはよくわかり、第2章は抜群のおもしろさだった。
これと言い、『いつかの人質』と言い、芦沢氏の小説は設定が突飛で、驚かされる。
非常に大胆な作家だと思う。

今日は西葛西の東京放送芸術&映画俳優専門学校へ行き、ワークショップを行ってきました。
今年6回目で、1年生の2回目。
助手はキャラメルボックスの石森美咲。
メニューは、スローウォーク、ストップ・ターン、スローウォーク、発声練習、リトミック、二人組朗読、台本練習。
二人組朗読のテキストは、宮沢賢治『注文の多い料理店』。
台本練習のテキストは、成井豊『不思議なクリスマスのつくりかた』6場。
今日も全体におとなしく、「声を出して」「テンションを上げて」と言い続けました。
が、男女それぞれ2、3人ずつ、元気がよくて、演技も達者な子がいました。
台本練習の最後は、石森美咲、コーチとして参加してくれた3年生3人、元気のいい1年生3人で発表。
さすがに質の高い、おもしろい芝居になりました。
何よりも、会話がちゃんとした掛け合いになっていたのがよかった。
この発表を手本にしてくれるとよいのですが。

nice!(4) 
共通テーマ:演劇

もっと知りたいゴヤ [本]

6月23日(土)
大高保二郎+松原典子『もっと知りたいゴヤ』(東京美術)読了。

もっと知りたいゴヤ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたいゴヤ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

  • 作者: 大高 保二郎
  • 出版社/メーカー: 東京美術
  • 発売日: 2011/10/30
  • メディア: 単行本


18世紀から19世紀にかけて活躍した、スペイン人画家フランシスコ・ゴヤの生涯と作品を解説する。

アート・ビギナーズ・コレクションを読むのはこれが32冊目。
フランシスコ・ゴヤは1746年、スペイン北東部アラゴン地方の小村フエンデトードス生まれ。
父は鍍金師。
1753年、一家でサラゴーサに移住。
1759年、画家ジョセフ・ルサーンに師事。
1763年、職業画家として活動を開始。
1780年、マドリードの王立美術アカデミーの正会員となる。
1786年、カルロス4世の宮廷画家となる。
1792年、重病で両耳の聴覚を失う。
1799年、首席宮廷画家となる。
1807年、『裸のマハ』『着衣のマハ』を完成。
1817年、マドリード郊外の「聾の家」に移住。
1824年、フランス、ボルドーへ移住。
1828年、82歳で死去。
長年、宮廷画家として、王族の肖像画を描き続けたが、それ以外にも様々な絵に挑戦。
『1801年5月3日、マドリード プリンシペ・ピオの丘での銃殺』は優れた歴史の記録。
版画集を4冊も出し、デューラー、レンブラントとともに版画の普及に寄与。
モダンアートを先取りして、マネやピカソに大きな影響を与えた。
『我が子を喰らうサトゥルヌス』は衝撃的。
僕は1811年の肖像画『サバーサ・ガルシア』が一番気に入った。

キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』の稽古16日目。
12場の動き付けをして、ついに動きが完成。
次に1場から復習。
1場、1・2場、2・3場と尻取り形式で小返しをして、4・5場まで進んだところで、終了。
週末は全員で大掃除。
その後、稽古初日以来の、親睦会。
みんなで食べて飲んで、いっぱいおしゃべりしました。
稽古は残り1週間とちょっと。
いよいよラストスパートにかかります。


nice!(3) 
共通テーマ:演劇