So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

静かな雨 [本]

7月31日(火)
宮下奈都『静かな雨』(文藝春秋)読了。

静かな雨

静かな雨

  • 作者: 宮下 奈都
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/12/12
  • メディア: 単行本


行助(ユキスケ)は会社が倒産し、無職になった。
最寄り駅の近くのパチンコ屋の駐輪場に、プレハブのたいやき屋があった。
女性1人でやっていて、買って食べてみたら、物凄くおいしかった。
やがて、行助は昔いた大学の助手に採用された。
たいやき屋にはその後も通い続け、主のこよみさんとも親しくなった。
田舎から母が来た日、行助は母をたいやき屋に連れていった……。

宮下奈都氏の本はこれが16冊目。
帯に「本屋大賞受賞第一作」とあったが、巻末を見たら、この小説が雑誌に発表されたのは2004年。
受賞を機に、昔書いたものを出版したということだろう。
いわゆるボーイ・ミーツ・ガールの物語だが、「こよみ」という人物が風変わりで、魅力的だった。

今日は1230から、キャラメルボックス俳優教室の第二回セリフ発表会。
小多田直樹、鍛治本大樹、小林春世、石川彩織、島野知也、生田麻里菜、山本沙羅が見にきてくれました。
どの組も昨日の授業よりよくなっていて、うれしかった。
1カ所だけ、物凄くおもしろいギャグがあって、大笑いしてしまいました。
そのギャグは昨日も2回見ていて、その時は全く笑えなかったのですが、おそらくテンポがよくなったせいでしょう、断然おもしろく見えました。
『ブリザード・ミュージック』1場は非常に難しいシーンなのですが、4組ともちゃんとした芝居に仕上げてくれました。
よかったよかった!
次の金曜の殺陣の授業で、第二クールはおしまい。
2週間の夏休みに入ります。
生徒たちには、「せっかく鍛えた体力をキープしておくように」とお願いしました。
第三クールの始まりが楽しみです。
頑張れ、16期生!

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

ブレードランナー2049 [映画]

7月31日(火)
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督『ブレードランナー2049』(2017年)WOWOWで鑑賞。

ブレードランナー 2049(初回生産限定) [Blu-ray]

ブレードランナー 2049(初回生産限定) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray


2049年、カリフォルニア。
LA市警のブレードランナー・K(ライアン・ゴズリング)は新型レプリカント。
旧型レプリカントを探し出し、抹殺するのが仕事。
ある日、地面に埋められた箱の中から、旧型の死体が発見される。
その死体には、出産の痕跡があった!
Kは30年前に行方不明となったブレードランナーのデッカード(ハリソン・フォード)を探し始める……。

1982年の『ブレードランナー』の、35年ぶりの続編。
前作のムードを踏襲したため、話はゆっくりと進み、結果、上映時間は163分。
前作は、暗く猥雑なディストピアとして描かれた、未来のロサンジェルスが何とも斬新で、新しいSF映画の出現と称賛された。
が、今作にその斬新さはない。
前作へのノスタルジーが強く感じられた。
しかし、31年後にロサンジェルスがああなるとはどうしても思えない。

それにしても、ハリソン・フォードは幸福な俳優だと思う。
若い頃に演じた、インディー・ジョーンズ、ハン・ソロ、デッカードを、数十年経ってからまた演じることができた。
35年後のデッカードはすっかり老けて、太ってしまったが、そんなことは少しも気にならない。
前作と同じハリソン・フォードがやってくれることが重要なのだ。
初登場のシーンでは声が出そうになった。
映画にはこんな楽しみ方もあるのだ。
改めて、映画ってすばらしい、と思った。

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

もっと知りたいエル・グレコ [本]

7月30日(月)
大高保二郎+松原典子『もっと知りたいエル・グレコ』(東京美術)読了。

もっと知りたいエル・グレコ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたいエル・グレコ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

  • 作者: 大高 保二郎
  • 出版社/メーカー: 東京美術
  • 発売日: 2012/10/10
  • メディア: 単行本


16世紀のスペインの画家エル・グレコの作品と生涯を解説する。

「アート・ビギナーズ・コレクション」はこれが36冊目。
エル・グレコの本名は、ドメニコス・テオトコプロス。
クレタ島生れのギリシア人。
1541年、クレタ島の首都カンディアで、収税吏の息子として生れた。
21歳の頃、イコン画家として、独立。
1567年、イタリアのヴェネツィアへ移住し、本格的な油絵制作を開始。
1570年、ローマに移住。
1576年、スペインのトレードに移住。いきなり人気画家となる。
1582年、宮廷画家を目指すが、失敗。
1588年、代表作『オルガス伯爵の埋葬』を完成。
1614年、73歳で死去。
代表作は、『聖衣剥奪』『受胎告知』『トレード風景』『無原罪のお宿り』『ラオコーン』など。
主に宗教画を描いたが、肖像画・風景画も巧み。
宗教画では、人物を細長く描く特徴があり、凄いのになると、15等身の人物も!
しかし、肖像画はきわめてリアルで、非常に巧い画家だとわかる。
晩年の宗教画は表現主義的になり、没後は「奇矯な(エストラバガンテ)画家」と呼ばれ、忘れられた。
再評価されたのは250年後で、ピカソは熱愛したらしい。
スペインでは「ドミニカ・グレコ」と名乗ったが、あだ名は「エル・グレコ」。
意味は「ギリシア人」。

10時より、キャラメルボックス俳優教室の授業。
明日のセリフ発表会に備えて、台本練習をみっちりやりました。
みんな本当にうまくなってきた。
チームごとのまとまりもよくなり、明日が楽しみになってきました。
授業終了後は、中野駅前の歯医者さんへ。
先生と相談して、根が割れた2本を抜き、ブリッジをかぶせることにしました。
子供の頃から、チョコとコーラを摂取し続けてきた報いですね。
若い皆さん、甘いものはほどほどに!
ハミガキは綿密に!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

ロスト・チルドレン [映画]

7月30日(月)
ジャン・ピエール・ジュネ監督『ロスト・チルドレン』(1996年)WOWOWで鑑賞。

ロスト・チルドレン [Blu-ray]

ロスト・チルドレン [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray


フランスの港町。
サーカスの怪力男ワン(ロン・パールマン)の幼い弟ダンレー(ジョゼフ・ルシアン)が、片目に機械仕掛けのメガネをつけた集団に誘拐された。
ワンはダンレーの後を追い、9歳の少女ミエット(ジュディーット・ビッテ)が率いる孤児の泥棒グループと出会う。
その町の沖合には、天才クローン人間クランク(ダニエル・エミルフォルク)が住んでいた。
彼は夢が見られないため、急速に老けていた。
彼は部下の六つ子のクローン(ドミニク・ピノン)に命じて、子供を誘拐させていた。
そして、子供たちから夢を奪おうとしたが、なぜか子供たちは悪夢しか見なかった……。

ジャン・ピエール・ジュネ監督の映画はこれが6本目。
この人は『デリカテッセン』でデビューし、『アメリ』を撮った人。
『ロスト・チルドレン』は『デリカテッセン』に続く2作目で、作風は前作に近い。
一言で言えば、ダーク・ファンタジー。
フランスのティム・バートンと言えばいいか。
この映画は話がおもしろくて、最後まで楽しめた。
9歳の少女ミエットを演じたジュディーット・ビッテが、可愛いと言うより、美しくてビックリ。

今日は10時からキャラメルボックス俳優教室の授業。
第二クールもあとちょっとでおしまい。
第二回セリフ発表会が迫っています。
今日は発表会前の最後の授業。
ガンガン稽古して、各組のレベルアップを図りたいと思います。
それでは行ってきます。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

鍵のかかった部屋 [本]

7月29日(日)
ポール・オースター『鍵のかかった部屋』(白水uブックス)読了。

鍵のかかった部屋 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

鍵のかかった部屋 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

  • 作者: ポール・オースター
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 1993/10/01
  • メディア: 新書


アメリカ、ニューヨーク。
「僕」は新進気鋭の評論家。
ある日、幼馴染みのファンショーの妻から手紙が届く。
ファンショーが行方不明なった、彼が残した小説の原稿を読んでほしいと。
妻ソフィーは子供を生んだばかりの美しい女性だった。
「僕」はソフィーに協力して、ファンショーの小説を出版しようと動き出す……。

ポール・オースターの本はこれが17冊目。
1986年に出版れた、ポール・オースターの4作目。
『シティ・オブ・ニューヨーク』『幽霊たち』に続く、ニューヨーク三部作の3作目。
ミステリの形を取った純文学で、様々な謎は最後まで解明されずに終わる。
が、スリリングなストーリー展開に最後まで引き込まれた。
ラストの、「僕」とファンショーの対決は物凄い緊張感。

西葛西の東京放送芸術&映画俳優専門学校のスペシャル公演のオーディション。
審査員は、僕と、真柴あずきと、元劇団員の日置なお。
選考会議は非常に難行しましたが、何とかキャスト13人とアンダースタディ2人を選ぶことができました。
で、演目は……、しまった! 発表していいかどうか、聞いてくるのを忘れた!
追って報告させていただきます。
本番は10月27日(土)・28日(日)、会場は東京放送芸術&映画俳優専門学校1階のスタジオ。
次の日曜から稽古開始です。
やったるでえ!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

グッバイ、サマー [映画]

7月29日(日)
ミシェル・ゴンドリー監督『グッバイ、サマー』(2015年)WOWOWで鑑賞。

グッバイ、サマー [DVD]

グッバイ、サマー [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • メディア: DVD


フランス。
ダニエル(アンジュ・ダルジャン)は14歳。
男3人兄弟の2番目だが、見た目は女の子のようで、あだ名は「ミクロ」。
同級生のローラ(ディアーヌ・ベニエ)に片思いしていたが、全く相手にされない。
ある日、クラスにテオ(テオフィル・バケ)が転校してくる。
目立ちたがり屋で、自分で改造した自転車を乗り回し、身体からガソリンの匂いを漂わせているため、ついたあだ名は「ガソリン」。
ダニエルとテオは仲良しになり、二人でスクラップを集めて、車を作り始める……。

ミシェル・ゴンドリー監督は『エターナル・サンシャイン』の評価が高いが、『グッバイ、サマー』もなかなか。
監督の自伝的映画で、脚本にも参加している。
14歳の少年2人が、自分たちが造った車で旅に出る。
その車は、見た目は小屋で、パトカーが通りかかると、道路脇に停車し、タイヤを隠せば、もう小屋にしか見えない。
こうして2人は何日も旅をする。
このアイディアがすばらしい。
イヤな思いもたくさんして、2人は成長する。
ラストの別れが切ない。
ヒロイン役のディアーヌ・ベニエが物凄い可愛らしさでビックリ。
原題は『MICROBE ET GASOIL』。
フランス語はわからないが、たぶん『ミクロとガソリン』だと思う。
お薦めです。

今日は久しぶり(と言っても3日べりに)外で仕事。
西葛西の東京放送芸術&映画俳優専門学校へ行きます。
2018年度スペシャル公演のキャスト・オーディション。
演目は……、ここで発表していいかどうか、今日聞いてきます。
スペシャル公演も今年で7回目。
毎年、今までで一番おもしろい芝居にしようと頑張っています。
それでは行ってきます。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

スターバト・マーテル [本]

7月28日(土)
篠田節子『スターバト・マーテル』(光文社文庫)読了。

スターバト・マーテル (光文社文庫)

スターバト・マーテル (光文社文庫)

  • 作者: 篠田 節子
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2013/01/10
  • メディア: 文庫


幸村彩子は40代半ばの主婦で、デザイン事務所を経営している夫・祐介と二人暮らし。
初期の乳ガンの手術を終え、近所の会員制プールに入会する。
そこで、中学の同級生の、境光洋と再会する。
光洋は旧財閥系のハイテク企業に入社し、11年ほどロンドンにいて、今は本社の事業部長をしているらしい。
中学時代、光洋は成績はトップ、スポーツは万能、おまけにルックスもよくて、学校のヒーローだった。
彩子は光洋を意識するが、次に会った時、デートでなく、自宅のクリスマス・パーティーに招待された……。

篠田節子氏の本はこれが7冊目。
芸術選奨文部科学大臣賞受賞作。
中年の男女のラブストーリーだが、途中から話がとんでもない方向に転がっていき、何度も驚かされた。
タイトルは、光洋が好きなクラシック曲のタイトルで、作曲者はイタリアのペルゴシーレ。
併録の『エメラルド アイランド』はなんとドタバタコメディで、篠田氏はこんてものも書くのかとまたビックリ。
底知れない作家である。

今日は妻の誕生日のお祝いで、家族4人で近所のレストランへ行ってきました。
大学3年の娘が、前から一度行ってみたいと言っていた、小さなビストロ。
台風のせいか、客は我々4人のみ。
コース料理にしたのですが、料理も飲み物も4人が見事にバラバラで、笑ってしまいました。
家ではいつも同じものを食べているのに、好きな食べ物がまるっきり違うのはとても不思議でした。
帰り道、雨も風も弱くなっていました。
明日は晴れるといいなあ。

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

ディストラクション・ベイビーズ [映画]

7月28日(土)
真利子哲也監督『ディストラクション・ベイビーズ』(2016年)WOWOWで鑑賞。

ディストラクション・ベイビーズ 特別版(2枚組)[Blu-ray]

ディストラクション・ベイビーズ 特別版(2枚組)[Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: Blu-ray


愛媛県松山市西部の港町・三津浜。
芦原泰良(柳楽優弥)と弟の将太(村上虹郎)は二人暮らし。
ある日、泰良は松山へ行き、ギターを持った若い男に喧嘩を仕掛ける。
すぐに倒されたが、後を追いかけ、やり返す。
次に高校生の集団を襲い、これも叩きのめす。
その中の一人、北原裕也(菅田将暉)は泰良に興味を持ち、「おもしろいことしようや」と声をかける。
二人はアーケード街で無差別に通行人に暴行を加え、車を強奪し、乗っていたホステスの那奈(小松菜奈)と松山市外へ向かう……。

高3の息子に薦められて見た。
新感覚のバイオレンス映画。
泰良がなぜ無闇に暴力を振るうのか、その説明は全くない。
喧嘩を売られる方はいい迷惑だが、基本的に強そうな人なので、ついつい泰良を応援してしまう。
一方、裕也は女子高校生やおばさんなど、弱い人にしか手を出さないので、非常に不快。
暴力描写がとてもリアルで、本当に当てているように見えた。
柳楽優弥の演技が圧倒的で、殴られて、血だらけになりながらも、相手につっかかていく姿は、何とも不気味で、しかし、強く引きつけられた
おかしなヤツとイヤなヤツしか出てこない映画。
しかし、間違いなく新しい映画。

映画館に行く暇がないので、WOWOWで録画したものばかり見ています。
もし暇があったら、今話題の『カメラを止めるな!』を見に行きたいのですが。
今日も自宅で新作の構想。
何とか今月中に目処をつけたいと思っています。
頑張ります。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

夏の災厄 [本]

7月27日(金)
篠田節子『夏の災厄』(角川文庫)読了。

夏の災厄 (角川文庫)

夏の災厄 (角川文庫)

  • 作者: 篠田 節子
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/02/25
  • メディア: 文庫


埼玉県秋川市。
市内に高熱を発し、痙攣を起こす患者が次々と現れる。
検査によって、日本脳炎と判明。
しかし、その症状は従来の日本脳炎よりもはるかに激烈だった。
市の保健センターに勤める小西らは対応に駆けずり回る。
日本脳炎は、ウィルスに感染したブタの血を吸った蚊が、人間の血を吸う時に感染する。
日本国内ではほぼ絶滅に近い状態にあった日本脳炎がなぜ今、流行し始めたのか?

篠田節子氏の本はこれが6冊目。
1995年に出版された小説で、文庫本で597ページの大作。
一言で言えば、非常にリアルな医療パニック小説。
または、「もし新型の日本脳炎が流行したら」という仮定に基づいた、きわめて現実的なSF小説。
と同時に、原因追求もしっかりなされ、その過程はまるで上質なミステリ小説。
とにかく、小説家として物凄い力を持った人だと思う。
参りました。

パソコンのキーボードが壊れて、「そ」が打てません。
今、打った「そ」は、単語登録で、「さ」の変換で出るようにしています。
「卒」は「し」の変換。
「族」は「す」の変換。
「嘘」は「せ」の変換。
「臓」は「た」の変換。
「像」は「ち」の変換。
「存」は「つ」の変換。
「祖」は「て」の変換。
「争」は「と」の変換です。
あー、めんどくさい!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす [本]

7月27日(金)
佐光紀子『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』(光文社新書)読了。

「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす (光文社新書)

「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす (光文社新書)

  • 作者: 佐光紀子
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2017/11/16
  • メディア: 新書


翻訳者で掃除評論家の佐光紀子が、日本の家事を海外と比較、解説する。

多くの日本人は、丁寧な暮らし、家事をきちんとすること、行き届いた子育てをすることを理想としている。
が、近年の「完璧家事」や「手作り」の礼讃、断捨離やミニマリズムの流行は、母親への見えない圧力となっている。
日本では、立派な母親は朝食も昼のお弁当もしっかり作る。
しかし、海外では、火を使った調理は夕食のみが当たり前。
掃除は父親が担当。
家事の負担は日本ほど重くないのだ。
何でもかんでも政府の陰謀と決めつける点は残念だが、非常にためになる本。

今日は自宅で次の新作の構想。
歯医者さんで処方された抗生物質で、顔の左下の腫れは少し引きました。
頸椎ヘルニアによる右腕の痛みもピークを過ぎたようです。
歳を取ると、体のあちこちに故障が出る。
完治は難しいので、うまく付き合っていくしかない。
同年代の皆さん、頑張りましょう!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇