So-net無料ブログ作成

蜷川幸雄の仕事 [本]

11月30日(金)
蜷川幸雄+山口宏子『蜷川幸雄の仕事』(新潮社・とんぼの本)読了。

蜷川幸雄の仕事 (とんぼの本)

蜷川幸雄の仕事 (とんぼの本)

  • 作者: 蜷川 幸雄
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/12/22
  • メディア: 単行本


演出家・蜷川幸雄の軌跡を写真と文章で辿る。

蜷川幸雄は1935年(昭和10年)、埼玉県川口市生まれ。
父は洋服屋で、5人兄弟の末っ子。
開成高校を卒業後、劇団青俳に俳優として入団。
31歳の時、同劇団の女優・真山知子と結婚。
1968年、青俳を退団し,蟹江敬三、石橋蓮司、真山知子、岡田英次らと「現代人劇場」設立。
1972年、「現代人劇場」を解散し、「櫻社」を設立。
1974年、東宝製作の『ロミオとジュリエット』を演出。商業演劇に進出したことに対し、「櫻社」の劇団員たちが反発し、同劇団が解散。以降、様々な芝居の演出を手がける。
1983年、『王女メディア』をローマ、アテネで上演。
1987年、『NINAGAWAマクベス』を、ロンドンのナショナルシアターで上演。
1998年、彩の国さいたま芸術劇場の「彩の国シェイクスピア・シリーズ」の芸術監督に就任。
2003年、桐朋学園短大の学長に就任。
2006年、「さいたまゴールド・シアター」発足。
2010年、文化勲章受賞。
ご本人が対談の中で、自分は世界の三大演出家の一人と言っているが、それは正しい。
まさに日本を代表する、世界に誇る演出家。
この人が日本の演劇界で果たした功績は計り知れない。
僕は結局、一度もお会いする機会がなかった。
残念でならない。

キャラメルボックス2018クリスマスツアー『リトル・ドラマー・ボーイ』八王子公演の仕込み3日目。
14時から場当たりを行いました。
八王子市芸術文化会館いちょうホール・大ホールは定員800人で、どの席からでも見やすい。
八王子駅から徒歩11分ですが、商店街を歩くので、あまり遠く感じない。
お近くにお住まいの方は、ぜひぜひお越しください。
明日はいよいよ初日!
新作の初日はやっぱり緊張します。
が、同時にお客さんの反応がムチャクチャ楽しみてもある。
とにかく頑張ります!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

ハルモニア [本]

11月30日(金)
篠田節子『ハルモニア』(文春文庫)読了。

ハルモニア (文春文庫)

ハルモニア (文春文庫)

  • 作者: 篠田 節子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2001/02
  • メディア: 文庫


長野県、富士見高原。
東野秀行(とうのひでゆき)はチェリスト。
富士見高原にある、精神障害者のための社会復帰施設「泉の里」で、臨床心理士が行う音楽療法の補助員をしている。
ある日、心理士の深谷規子に「あなたの手で、天才を育ててみない?」と言われる。
深谷が担当する女性が超感覚的知覚保持者で、彼女にチェロを教えてほしいと言う。
彼女の名前は浅羽由希という名前だった……。

篠田節子氏の本はこれが17冊目。
由希は音楽の天才だが、強い自閉傾向があり、他人とコミニュケーションが取れない。
東野は言葉を使わずに、由希にチェロを教えていく。
由希は東野に無視・反発をしながら、ぐんぐん成長していく。
そして、わずか2年で東野を越える。
音楽に関する該博な知識と壮絶な人間ドラマの両立。
これを傑作と言わずして、何と言う。
お薦めです。

篠田節子さん、本当に凄い作家です。
『女たちのジハード』(1997)直木賞受賞
『百年の恋』(2000)
『逃避行』
『ゴサインタン』(1996)山本周五郎賞受賞
『ロズウェルなんか知らない』(2005)
『仮想儀礼』(2008)柴田錬三郎賞受賞
『死神』(1996)
『ハルモニア』(1998)
上記の8冊はどれもお薦めです。
どれもあまりにも壮絶な物語で、映画やテレビドラマにはしにくい。
小説でしか表現でなきない物語なのです。
もっと高く評価されるべき作家だと思います。

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

「アメリカ社会」入門 [本]

11月29日(木)
コリン・ジョイス『「アメリカ社会」入門』(NHK出版生活人新書)読了。

「アメリカ社会」入門 英国人ニューヨークに住む (生活人新書)

「アメリカ社会」入門 英国人ニューヨークに住む (生活人新書)

  • 作者: コリン ジョイス
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2009/06/06
  • メディア: 新書


イギリス人のフリー・ジャーナリスト、コリン・ジョイスが、アメリカ社会を語る。

イギリス人から見たアメリカ、という視点は非常に興味深かった。
イギリスとアメリカは「いとこ」のような関係だと、コリン・ジョイスは言う。
血は繋がっているが、家族ではない。
イギリス人から見ると、アメリカ人のキリスト教信仰は異常。
ベースボール、アメリカン・フットボールという、ローカルなスポーツへの熱狂も異常。
フットボールをサッカーと呼ぶのも異常。
アメリカ英語は、日本語より使いづらい(これはちょっと眉唾)。
ハリウッドの俳優で、イギリス英語が抜群にうまいと思ったのは、グウィネス・パルトロウだと言う。
ちょっと意外。

13時から、キャラメルボックス俳優教室2018年度卒業公演『ミスター・ムーンライト』の集中稽古4日目。
尻取り稽古で、1場から8場までやりました。
6場以降は昨日やったので、格段によくなった。
昨日はかなりガミガミ言いましたが、みんな進歩してくれて、とてもうれしかった。
この調子で行ってほしいです。
明日はキャラメルボックス2018クリスマスツアー『リトル・ドラマー・ボーイ』八王子公演の仕込みのため、八王子市芸術文化会館いちょうホールへ行きます。
昼過ぎから場当たり。
どんな装置が立っているのか、見るのがとても楽しみです。
頑張ります。
nice!(2) 
共通テーマ:演劇

「ニッポン社会」入門 [本]

11月28日(水)
コリン・ジョイス『「ニッポン社会」入門』(NHK出版)読了。

「ニッポン社会」入門 英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)

「ニッポン社会」入門 英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)

  • 作者: コリン ジョイス
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2006/12/07
  • メディア: 新書


元「ニューズウィーク日本版」記者のコリン・ジョイスが、イギリス人から見た日本社会をレポートする。

コリン・ジョイスは1970年、イギリス生まれ。
オックスフォード大学で古代史と近代史を専攻し、2002年に来日。
神戸で日本語を学び、埼玉県の高校で2年間を英語を教える。
その後、「ニューズウィーク日本版」記者、「デイリーテレグラフ」東京特派員を経て、現在はイギリスでフリージャーナリストして活躍中。
日本で14年も暮らしただけあって、日本に関する知識は日本人に引けを取らない。
話題も文章もウィットに富んでいて、非常に楽しめた。
2006年の本だが、10万部以上も売り上げ、今も増刷を続けているらしい。
確かにそれだけのことはある。
お薦めです。

午前は近所の図書館へ。
10冊返して、9冊借りてきました。
午後は1300より、キャラメルボックス俳優教室2018年度卒業公演『ミスター・ムーンライト』の集中稽古3日目。
1930まで、みっちり稽古しました。
尻取り稽古で、6・7場から11・12場まで。
セリフも動きも覚え、声を大きく出るようになったけど、演技はまだまだまだまだ。
本番初日まで2週間となったのに、まだキャラクターが違う者がいる。
これにはガッカリでした。
出演者全員がそれこそ死に物狂いで頑張らないと、大変なことになります。
頑張れ、16期生!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

赤い指 [本]

11月28日(水)
東野圭吾『赤い指』(講談社文庫)読了。

赤い指 (講談社文庫)

赤い指 (講談社文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/08/12
  • メディア: 文庫


前原昭夫は会社員で、妻の八重子、息子の直巳、母の政恵と4人暮らし。
ある日、会社に八重子から電話があり、急いで帰宅すると、庭に少女が倒れていた。
中学3年の直巳が殺したらしい。
昭夫は警察に電話しようとするが、政恵が必死で止める。
仕方なく、深夜、近所の公園のトイレに遺体を運ぶ。
警視庁捜査一課の刑事・松宮は、練馬区内で起きた少女殺人事件の捜査に参加。
相棒となったのは、従兄の加賀恭一郎だった……。

この本を読むのは二度目。
主人公は40代の男で、中3の息子が小学生の女の子を殺してしまう。
同じ父親として、読むのが辛い小説。
しかし、話は非常によくできていて、後半の展開はひたすらスリリング。
加賀の毅然とした態度と鋭い推理に胸がすく。
名作です。

今日はキャラメルボックス2018クリスマスツアー『リトル・ドラマー・ボーイ』八王子公演の仕込み1日目。
しかし、僕は八王子へは行かず、新中野へ。
キャラメルボックス俳優教室2018年度卒業公演『ミスター・ムーンライト』の稽古です。
今日は集中稽古の3日目。
10日ぶりなので、とても楽しみです。
それでは行ってきます。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

セールスマン [映画]

11月27日(火)
アスガー・ファルハティ監督『セールスマン』(2016年)WOWOWで鑑賞。

セールスマン [Blu-ray]

セールスマン [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: Blu-ray


イラン。
エマッド(シャハブ・ホセイニ)は高校教師で、妻のラナ(タラネ・アリドゥスティ)と二人暮らし。
二人とも小さな劇団に所属していて、アーサー・ミラーの『セールスマンの死』の稽古中。
ある日、住んでいたマンションが崩壊し始め、引っ越しを余儀なくされる。
劇団の仲間に紹介されたマンションに転居したが、その部屋に前に住んでいたのはいかがわしい仕事をする女性。
『セールスマンの死』の初日の夜、先に帰ったラナが侵入者に襲われる。
エマッドは「警察に行こう」と言うが、ラナは頑なに拒み続ける……。

アスナー・ファルハティ監督の映画を見るのはこれが3作目。
『別離』に続く、アカデミー賞外国語映画賞受賞作。
『別離』に衝撃を受けて、この監督の映画を見続けているが、これは僕には今一つだった。
「ラナ」役のタラネ・アリドゥスティが満島ひかりにソックリでビックリ。

キャラメルボックス2018クリスマスツアー『リトル・ドラマー・ボーイ』の稽古24日目。
八王子限定公開稽古の3回目。
16時から18時まで、第四回通し稽古を公開しました。
定員100名でしたが、今日もほぼ満員。
お客さんのナマの反応が、役者たちによい刺激になったと思います。
上演時間はちょうど1分短くなって、1時間50分27秒。
テンポが上がって、今までで一番よい出来になりました。
明日からいよいよ小屋入り。
八王子市芸術文化会館いちょうホールで仕込みです。
いちょうホールの公演は、12月1日(土)・2日(日)の2日間。
ご来場を心よりお待ちしています。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

いつも私で生きていく [本]

11月27日(火)
草笛光子『いつも私で生きていく』(小学館文庫)読了。

いつも私で生きていく (小学館文庫 く 15-1)

いつも私で生きていく (小学館文庫 く 15-1)

  • 作者: 草笛 光子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/08/07
  • メディア: 文庫


女優・草笛光子の自伝的エッセイ集。

草笛光子さんは、1933年神奈川県横浜市生まれ。
1950年、松竹歌劇団に入団。
1953年、『純潔革命』で映画デビュー。
以降今日まで、舞台、映画、テレビドラマで大活躍。
ミュージカルが大好きで、ブロードウェイで見た『ラ・マンチャの男』に感動し、東宝の菊田一夫氏に頼んで上演権を獲得。
後に、主役を演じた松本幸四郎氏から「草笛さんのおかげで、セルバンテスを演じることができました」と感謝されたらしい。
岸恵子氏とは高校時代からの親友。
僕が脚本を担当した、2006年放送のテレビドラマ『てるてるあした』にも出演していただいた。
黒川智花さんが演じるヒロイン「雨宮照代」を預かって育てる元・教師で、アパート経営者「鈴木久代」役。
スタジオに行った時、楽屋でご挨拶させていただいた。
気取らず、気さくに話をなさる方だった。
ますますのご活躍をお祈りします。

草笛さんは26歳の時に、作曲家・指揮者の芥川也寸志氏(芥川龍之介の三男)と結婚。
1年9カ月で離婚。
以来ずっと独身だそうです。
70歳を過ぎてから、トレーニングを開始。
ご自宅には稽古場もあるそうです。
この本の巻頭には、トレーニング姿を写した写真も載っています。
今年85歳でこの若さ。
驚くほかありません。

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

シャイニング [映画]

11月26日(月)
スタンリー・キューブリック監督『シャイニング』(1980年)CSで鑑賞。

シャイニング [Blu-ray]

シャイニング [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray


アメリカ、コロラド山中にある、オーバールック・ホテル。
元教師で作家志望のジャック・トランス(ジャック・ニコルソン)は、ホテルの冬季休業中の管理人の仕事に応募する。
10月から翌年の5月まで、ホテルは雪で孤立する。
ジャックは妻のウェンディ(シェリー・デュバル)、息子のダニー(ダニー・ロイド)と共に暮らすことになる。
ホテルが閉鎖される日、ジャックの一家はホテルに到着。
黒人の料理人ハロラン(スキャットマン・クローザース)が、ダニーに話しかける。
「君にはシャイニング(超能力)がある。237号室には絶対に入るな」と……。

38年ぶり、二度目の鑑賞。
言わずと知れた、スティーヴン・キングのホラー小説の映画化。
映画としての評価は高かったが、キングは怒ったらしい。
確かに、小説では細かく書かれていた主人公ジャックの内面はすべて省略。
ジャック・ニコルソンの名演技もあって、完全なモンスターになってしまっている。
また、ダニーがシャイニングを発揮する場面もほとんどなくなっている。
ハロランの活躍もなし。
キングの気持ちはよくわかる。
が、映画としての完成度はやはり高い。
今見ると、全然怖くないが。
小説と映画は別物と捉えるべきだと思う。

キャラメルボックス2018クリスマスツアー『リトル・ドラマー・ボーイ』の稽古23日目。
15時~17時まで、第二回公開稽古。
定員100名でしたが、ほぼ満員のお客さんが来てくれて、とてもうれしかった。
1場から6場までの小返しを見てもらいました。
そして、18時より、第三回通し稽古。
上演時間は10秒伸びて、1時間51分27秒。
ミスはほぼなくなりました。
選曲も、今日の段階で全曲確定。
明日は稽古最終日、最後の仕上げです。
16時より、第四回通し稽古。
と同時に、第三回公開稽古。
お客さんの反応がとても楽しみです。
頑張ります!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

いかしたバンドのいる街で [本]

11月26日(月)
スティーヴン・キング『いかしたバンドのいる街で』(文春文庫)読了。

いかしたバンドのいる街で (文春文庫)

いかしたバンドのいる街で (文春文庫)

  • 作者: スティーヴン キング
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2006/08
  • メディア: 文庫


アメリカ、オレゴン州ポートランド。
クラークとメアリーは結婚14年目の夫婦。
クラークはコンピューターの会社に勤め、メアリーは教師をしている。
ある日、二人は車で行き当たりばったりの旅に出る。
州道58号線から外れたところで道に迷い、数時間走り続けた挙げ句、「ロックンロール・ヘヴン」という名の街に辿り着く。
二人は車を停めて、レストランに入る。
ウェイトレスはジャニス・ジョプリンにそっくりだった。
後から入ってきた客は、ロイ・オービスンとバディ・ホリーそっくりだった……。

スティーヴン・キングの本はこれが15冊目。
短編6つを収録した短編集で、上記は表題作の『いかしたバンドのいる街で』。
残念なことに、15冊読んできて、初めてガッカリした。
どれも、アイディアだけで書かれた小説で、ストーリーに捻りがない。
たとえば上記の『いかしたバンドのいる街で』は、中年の夫婦が、若死にしたロック・ミュージシャンたちが住む街に迷い込む話で、その発想はなかなかおもしろいと思うが、話はそれだけ。
逃げようとして、逃げられずに終わるというだけ。
キングの短編集を読むのは初めてだが、天才キングも短編はあまり得意ではないということか?

キャラメルボックス2018クリスマスツアー『リトル・ドラマー・ボーイ』の稽古23日目。
今日も公開稽古が行われます。
15時~17時、会場は八王子駅前の学園都市センター・イベントホール。
前回はダンス練習と殺陣練習を見ていただきましたが、今回は芝居の練習です。
平日の昼間ですが、お近くにお住まいで、お時間のある方はぜひぜひ足をお運びください。
無料です。
お待ちしています。

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

ザ・サークル [映画]

11月25日(日)
ジェームズ・ポンソルト監督『ザ・サークル』WOWOWで鑑賞。

ザ・サークル [DVD]

ザ・サークル [DVD]

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • メディア: DVD


メイ(エマ・ワトソン)は派遣社員。
ある日、親友の紹介で、彼女が勤める巨大SNS企業「サークル」の面接を受ける。
見事合格して、顧客対応の部署に配属される。
やがて、経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、新サービス「シーチェンジ」のモデルに選ばれる。
それは、「サークル」が開発した超小型カメラを使って、生活のすべてを世界中にシェアするというものだった。
メイはあっと言う間に1000万人のフォロワーを獲得する……。

エマ・ワトソンが主演ということで見てみた。
題材はSNSだが、テーマは要するに監視社会の恐怖で、少々古い印象。
脇役で、ジョン・ボイエガが出ていた。
ストーリーにもう一捻りほしかった。

今日は母の傘寿のお祝いで、食事会に行ってきました。
会場は実家がある、埼玉県狭山市の料亭。
出席者は、母、父、私、妻、娘、息子、弟2人の、計8人。
母の誕生日は3月でしたが、2月に病気で入院し、手術をしたため、伸び伸びになっていたのです。
退院直後に快気祝いの食事会をやり、今日改めて、傘寿のお祝いをしました。
母は昭和13年生まれ。
埼玉県比企郡鳩山町の農家の6女です。
旧姓は「新幡(あらはた)」。
まだまだ長生きしてほしいと思います。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇