So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

機動警察パトレイバー2 [映画]

7月17日(火)
押井守監督『機動警察パトレイバー2』(1993年)WOWOWで鑑賞。

機動警察パトレイバー2 the Movie [Blu-ray]

機動警察パトレイバー2 the Movie [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: Blu-ray


1999年、東南アジア某国。
PKFに参加した陸上自衛隊レイバー小隊が、体調の柘植(声/根津甚八)を残して全滅。
柘植も姿を消した。
数年後の東京。
突然、戦闘機F-61が横浜ベイブリッジを爆破。
テレビのニュース番組は映像を分析し、自衛隊機である可能性が高いと報道した。
警視庁特車二課第二小隊の後藤隊長(大林隆之介)は、事件の背後に柘植の存在を察知する。
柘植は、第一小隊隊長の南雲しのぶ(榊原良子)の元恋人だった……。

これも20年以上に上川隆也から借りて見て、今回が2回目。
押井守監督のシリアスな演出が冴え渡る。
個人的には明るい部分があった前作の方が好きだが、完成度はこちらの方が上か。
「東京でテロ)がリアルに描かれていて、ゾクゾクした。

今日は10時より、キャラメルボックス俳優教室の授業。
ついにクラウンの日がやってきました!
おもしろいかどうかは別にして、全員途中で挫けることなく演じ通しました!
えらい!
残り3回、一刻も早く慣れて、おもしろいクラウンにしてほしいです。
頑張れ、16期生!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

機動警察パトレイバー [映画]

7月12日(木)
押井守監督『機動警察パトレイバー』(1989年)WOWOWで鑑賞。

機動警察パトレイバー 劇場版 [Blu-ray]

機動警察パトレイバー 劇場版 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: Blu-ray


1999年、東京。
都内の建設現場では、レイバーと呼ばれるロボットが活躍していた。
レイバーの多くは、コンピューターOSの更新に当たって、HOSという新型OSに書き換えられていた。
ある日、その内の一機が暴走事故を起こす。
警視庁特車二課は事故を食い止め、原因の調査に乗り出した……。

言わずと知れた、押井守監督の代表作の一つ。
僕は20年以上前、上川隆也からDVDを借りて、見た。
高3の息子が押井監督のファンで、テレビでこれを見ていたので、僕もと思って、久しぶりに鑑賞。
ストーリーはシンプルだが、映像と演出は圧倒的で、29年も前の映画だとはとても思えない。
すべての面で「カッコいい」アニメ。

キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』東京公演、今日は二回目の休演日。
おかげさまで評判がよく、当日券の売れ行きがどんどん伸びています。
でも、チケットはまだまだ残っていますので、ぜひサンシャイン劇場にお越しください。
公演は16日(月)、あと4日で終わってしまいます。
僕はこれから、真柴あずきと秋の公演の脚本会議。
それでは行ってきます。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

美女と野獣1991 [映画]

7月10日(火)
ゲイリー・トゥルースデイル 、 カーク・ワイズ監督『美女と野獣』(1991年)WOWOWで鑑賞。

美女と野獣 MovieNEX(アニメーション版) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

美女と野獣 MovieNEX(アニメーション版) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray


フランスの山間の村。
ベル(声/ペイジ・オハラ)は発明家の娘で、読書好きの美しい娘。
ある日、父は発明品を売るために村を出るが、途中で狼に襲われ、森の中の城に逃げ込む。
そこは、魔女の魔法で野獣に変えられた王子(ロビー・ベンゾン)が住む城だった。
父は野獣に見つかり、牢に監禁されてしまう。
ベルは父を探して、城に辿り着く。
牢から父を救い出そうとするが、野獣に見つかり、「自分を身代わりに」と訴える……。

何年か前、レンタルDVDで見ようとしたら、頭から15分ぐらいで映像がストップしてしまい、断念。
ようやく見ることができた。
既にエマ・ワトソン主演の実写版は見ているが、このアニメ版を見ても、僕にはこの物語のおもしろさがわからなかった。
野獣って、ライオン? イノシシ? いろんなもののミックス?
ベルは野獣が美男子の王子に変身するのを見てどう思った? ラッキー?
ちなみに僕は、『ライオン・キング』も『シュレック』もおもしろいと思えない。
理解が浅いのか? 趣味が偏っているのか?

今日からキャラメルボックス2019年度個人面談。
役者一人一人と、来年の出演について、話し合いをします。
僕の希望と本人の希望を摺り合わせるのです。
僕が「この作品に出てほしい」と言っても、本人が「いや、私はこの作品に出たい」という場合が多々ある。
そういう場合は本人を説得したり、別の人に移動してもらったり。
キャラメルボックスには現在42人の俳優がいるので、全員と話し合うのに1週間かかります。
大変だけど、僕は普段あまり役者と私語を交わさないので、個人面談は1対1で話せる貴重な機会。
今日はまず12人。
じっくり話し合いたいと思います。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

砂漠の流れ者 [映画]

6月27日(水)
サム・ペキンパー監督『砂漠の流れ者』(1970年)WOWOWで鑑賞。

砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード 特別版 [DVD]

砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード 特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: DVD


アメリカ西部。
ケーブル・ホーグ(ジェイソン・ロバーズ)は仲間のタガート(L・Q・ジョーンズ)とボーエン(ストロザー・マーティン)にライフルとロバと食糧と水筒を奪われ、砂漠の真ん中に取り残される。
2人への復讐を誓い、砂漠を歩き始める。
4日目、力尽きて倒れた時、地面が湿っていることに気付く。
地面を掘ると、水が沁み出てきた。
そこは駅場所の通り道で、60キロ離れた二つの町の真ん中だった。
ケーブルはそこで水を売る商売を始める……。

暴力描写で有名なサム・ペキンパー監督だが、この映画はのんびりとしたコメディ。
メインはどん底から這い上がるオッサン、ケーブル・ホーグ。
ケーブルと出会い、仕事を手伝うエロ牧師、ジョシュア(デイヴィッド・ワーナー)。
ケーブルが一目惚れする町の短気な娼婦、ヒルディ(ステラ・スティーヴンス)。
3人とも魅力的で、楽しむことができた。
原題は『The Ballad of Cable Hogue』。
91年の再公開時は、『ケーブル・ホーグのバラッド/砂漠の流れ者』というタイトルだったらしい。
「みんなのシネマ・レビュー」というサイトで高得点だったので見てみたのだが、思わぬ拾い物だった。

キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』の稽古、残り6日となりました。
稽古はきわめて順調で、後は役者たちが芝居に慣れるばかり。
もちろん、改良できるところはどんどん改良しますが。
上演時間は現時点で、1時間52分。
昨日、前半を通したら、約2分伸びていたので、後半もおそらく伸びるだろうと思われますが、それでも2時間を越えることはないでしょう。
キャラメルボックスらしい、スピード感溢れるファンタジーになっていると思います。
今日も午後から稽古。
それでは行ってきます。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

花戦さ [映画]

6月25日(月)
篠原哲雄監督『花戦さ』(2017年)WOWOWで鑑賞。

花戦さ [DVD]

花戦さ [DVD]

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD


天正年間。
池坊専好(野村萬斎)は京都・頂法寺六角堂の花僧。
上司の命令で、岐阜城へ行き、天下統一を目指す織田信長(中井貴一)の前で花を活ける。
完成した松の枝が折れ、信長の怒りを買うが、豊臣秀吉(市川猿之助)の機転で、命拾いをする。
その席にいた千利休(佐藤浩市)は、専好に興味を抱く。
十数年後、秀吉は天下統一まであと一歩のところまで来ていた。
利休は専好を自宅の茶室に招く。
専好は六角堂の当主の重責に苦しんでいると告白し、涙を流す……。

華道・池坊の初代家元の話。
専好の腹心役が、和田正人君。
前田利家役が、佐々木蔵之助。
六角堂に通う商人役が、山田幸伸さん。
知り合いがいっぱい出ていて、とてもうれしかった。
篠原哲雄監督らしい、正攻法の映画。
僕は野村萬斎さんのオーバーアクトが苦手だが、脇役が充実していて、楽しめた。

キャラメルボックス2018グリーティングシアター『無伴奏ソナタ』大阪公演が、昨日、無事に千秋楽の幕を下ろしました。
長かったツアーもこれで終了です。
ご来場くださった皆さんに厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました。
で、今日は稽古場で片づけ。
『エンジェルボール』の稽古は夕方からです。
あと11日後には、『エンジェルボール』の幕が上がる。
『無伴奏ソナタ』のバトンをしっかり受け取って、おもしろい芝居にします。
やったるど!

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

かくも長き不在 [映画]

6月22日(金)
アンリ・コルビ監督『かくも長き不在』(1960年)WOWOWで鑑賞。

かくも長き不在 デジタル修復版 [Blu-ray]

かくも長き不在 デジタル修復版 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray


パリ。
テレーズ(アリダ・ヴァリ)は、セーヌの河岸に近くあるカフェの女主人。
ある日、店の前を通りすぎる浮浪者(ジョルジュ・ウィルソン)の姿に目をとめる。
彼は16年前、ゲシュタポに捕えられたまま、消息を絶った夫アルベールにそっくりだった。
彼を尾行すると、河岸の小屋で暮らしていた。
話しかけても、はっきりと答えない。
彼は記憶を失くしていた……。

20年以上前からずっと見たかった映画。
なんと、脚本はマルグリット・デュラスだった。
98分の映画だが、ひたすらゆっくりと進んでいく。
いつしかテレーズとともに、記憶よ蘇れと祈っていた。
主演のアリダ・ヴァリがすばらしい。
静かで悲しい映画。

昨日、秋の公演のチラシのラフが出来上がってきました。
候補が6つあったので、稽古場で役者たちに投票してもらいました。
一番票数が多かったものに決まりそうです。
最近のキャラメルボックスでは珍しいタイプのチラシ。
一刻も早くお客さんに見せたいけど、情報公開はまだまだ先です。
お楽しみに!

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

さらば、わが愛 覇王別姫 [映画]

6月20日(水)
チェン・カイコー監督『さらば、わが愛 覇王別姫』(1993年)CSで鑑賞。

1925年、北京。
孤児や貧民の子供たちが集まる京劇の養成所に、娼婦の母親に連れられて、9歳の少年・小豆子がやってくる。
新入りの小豆子は他の子供たちからいじめられたが、小石頭がかばう。
厳しい訓練の後、小石頭は段小(チャン・フォンイー)、小豆子は程蝶衣(レスリー・チャン)という芸名でデビュー。
京劇『覇王別姫』の項羽と虞美人のコンビで大スターになる。
ある日、段小は酔客に絡まれていた娼婦の菊仙(コン・リー)を助け、やがて彼女と結婚。
蝶衣は少年時代から小段を愛していたため、二度と共演はしないと言って去る……。

名作と誉れ高い、チェン・カイコー監督の出世作をようやく見た。
172分という長尺にずっとためらっていたのだが、驚くほどテンポがいい映画だった。
2人の京劇俳優の50年にわたる歴史を描いている。
日中戦争から文化大革命まで、中国はまさに波瀾万丈の時代。
男同士のラブストーリーであると同時に、中国の現代史を描いた映画でもある。
何しろ50年も描かなくちゃいけないので、物凄い駆け足。
おかげで全く退屈する暇がなかった。
なるほど、確かに傑作だ。

映画は朝起きて、すぐに見ています。
『ラスト、コーション』も『さらば、わが愛 覇王別姫』も長いので、2日に分けて見ました。
2本とも、朝見るにはいささか重かった。
しかし、いい映画を見ると、自分も頑張らねばと思います。
今日も午後から、『エンジェルボール』の稽古。
それでは行ってきます。

さらば、わが愛~覇王別姫 [DVD]

さらば、わが愛~覇王別姫 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パイオニアLDC
  • メディア: DVD



nice!(2) 
共通テーマ:演劇

ラスト、コーション [映画]

6月19日(火)
アン・リー監督『ラスト、コーション』(2007年)CSで鑑賞。

ラスト、コーション [DVD]

ラスト、コーション [DVD]

  • 出版社/メーカー: Victor Entertainment,Inc.(V)(D)
  • メディア: DVD


1938年、香港。
ワン・チアチー(タン・ウェイ)は、香港大学の学生。
同級生のクァン・ユイミン(ワン・リーホン)とともに演劇部を作り、抗日をテーマにした芝居を上演。
さらに、レジスタンス運動を開始。
日本の傀儡政府、ワン・ジンウェイ政権のスパイのトップ、イー(トニー・レオン)の暗殺計画を立てる。
ワンはマイ夫人と名乗り、イーに接近する……。

『ブロークバック・マウンテン』『ライフ・オブ・パイ』で有名なアン・リー監督の出世作。
158分と長尺だが、終始緊張感に溢れ、映像も美しい。
公開当時、大胆なセックス描写が話題になったが、確かに凄い。
ただし、ここまでする必要があったかどうかは疑問。
また、ヒロイン役のタン・ウェイにも魅力を感じなかった。
とは言え、スパイ映画としても、恋愛映画としても、完成度は高い。

アルテメイト・プロデュース『おおきく振りかぶって/夏の大会編』のキャストが発表されました。
キャラメルボックスからは、渡辺安理、多田直人、元木諒、島野知也、矢野聖の5人が出演します。
さらに、『嵐になるまで待って』『ゴールデンスランバー』に出演してくれた、一色洋平君も!
すばらしいキャストが集まってくれたので、稽古が始まるのが楽しみ。
脚本のカットは一昨日で終わり、前作『おおきく振りかぶって』とほぼ同じ長さになりました。
ということは2時間15分?
まあ、実際にやってみないとわかりませんが。
稽古開始は8月1日。
それまで、『エンジェルボール』を頑張ります!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル [映画]

6月12日(火)
ブノワ・プショー監督『グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル』(2017年)WOWOWで鑑賞。,


『たかが世界の終わり』でカンヌ国際映画祭グランプリを受賞した映画監督グザヴィエ・ドランの人物と作品を紹介するドキュメンタリー。

グザヴィエ・ドラン監督は2009年に『マイ・マザー』でデビュー。
若干19歳だった。
そして、2017年、『たかが世界の終わり』で、カンヌ映画祭グランプリを受賞。
僕はこの『たかが~』しか見ていないが、アップを多用した、静かな、しかしスリリングな会話劇だった。
ドラン本人は自信家で、ハイテンションで、饒舌。
本人がこれほどしゃべるドキュメンタリーは初めて見た。
『マイ・マザー』『胸騒ぎの恋人』『わたしはロランス』『マミー』など、他の作品も見たくなった。

キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』の稽古は、昨日で5日を経過。
9場まで立ち稽古が進みました。
今日も稽古は17時からなので、自宅で9場までのセリフの修正を行いました。
並行して、アルテメイト・プロデュース『おおきく振りかぶって/夏の大会編』の脚本第一稿のカットもしなければなりません。
頑張ります。


nice!(1) 
共通テーマ:演劇

 [映画]

6月10日(日)
イングマル・ベルイマン監督『恥』(1966年)GEOのレンタルDVDで鑑賞。

恥 (特別編) [DVD]

恥 (特別編) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD


スウェーデンの小さな島。
ヤーン(マックス・フォン・シドー)とエヴァ(リブ・ウルマン)は元演奏家。
楽団が解散したため、この島へやってきて、農業を営んでいる。
ある朝、二人は市長にコケモモを届けに行き、町に軍用車が溢れているのを見る。
その夜、自宅に反乱軍が襲ってくる。
二人は無理やりカメラの前に立たされ、質問に答えさせられる。
翌日、反乱軍に協力したと理由で、二人は軍に捕まる。
ヤーンは何発も殴られたが、市長の取りなしで、解放される……。

寓話的な映画。
イヴと市長は不倫関係にあり、ヤーンも気付いている。
ヤーンは反乱軍に強要され、市長を撃ち殺す。
さらに、自宅に来た脱走兵の少年も撃ち殺し、彼の所持品を奪う。
心臓病で心も弱っていたヤーンが徐々に凶暴になり、非人間的な行為を行っていく。
その姿が「恥」なのか?
イングマル・ベルイマン監督にしては珍しい、静かでない映画。

今日は稽古休みなので、自宅で執筆。
アルテメイト・プロデュース『おおきく振りかぶって/夏の大会編』の続きを書かなければなりません。
残るは1シーン。
今日中に完成するといいのですが。
では、執筆に取りかかります。

nice!(1) 
共通テーマ:演劇