So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ロミオ&ジュリエット [映画]

10月6日(土)
バズ・ラーマン監督『ロミオ&ジュリエット』(1996年)WOWOWで鑑賞。

ロミオ&ジュリエット [DVD]

ロミオ&ジュリエット [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD


現代、ヴェローナ・シティ。
大金持ちのモンタギュー家とキャピュレット家は長年にわたって対立を続けていた。
モンタギュー家の長男ロミオ(レオナルド・ディカプリオ)は片思いに悩んでいた。
が、親友マキューシオ(ハロルド・ペリノー)に誘われ、キャピュレット家の仮装パーティーに潜り込む。
そして、背中に天使の羽を着けた美少女と出会う。
彼女はなんと、キャピュレット家の長女ジュリエット(クレア・デーンズ)だった。
ロミオはマキューシオたちと別れ、ジュリエットの姿が見えたバルコニーに向かう……。

言わずと知れた、シェークスピア『ロミオとジュリエット』の映画化。
ミュージカルが得意なバズ・ラーマン監督は、舞台を現代の南の海辺の町に移し、ど派手に演出。
モンターギュー・キャピュレットの若者たちは二丁拳銃をバンバン撃ち合う。
ところがセリフは原作の古い詩的な言葉のまま。
このミスマッチがおもしろい。
レオナルド・ディカプリオは人気が出たばかりの頃で、水も滴る美しさ。
はっきり言って、ジュリエット役のクレア・デーンズより美しい。
これなら人気が出るわな。
しかし、僕はもともとこの話が好きではないし、当時は斬新だった演出も、今見ると単にマンガチックなだけ。
フランコ・ゼフィレッリ監督が、オリビア・ハッシー主演で、真っ当に映画化した、1968年版の方が好きです。

今日は、キャラメルボックス2018グリーティングシアター『ながれぼしのきもち』所沢公演。
所沢市民文化センター・ミューズ・マーキーホールで、14時開演です。
マーキーホールは定員800人弱で、中野ザ・ポケットの約5倍。
ほぼ池袋サンシャイン劇場と同じ。
中野ザ・ポケットでやった芝居がどう変化したか、ぜひぜひ見届けてください。
お待ちしています。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

美しい絵の崩壊 [映画]

10月5日(金)
アンヌ・フォンティーヌ監督『美しい絵の崩壊』(2013年)GYAOで鑑賞。

美しい絵の崩壊 [DVD]

美しい絵の崩壊 [DVD]

  • 出版社/メーカー: トランスフォーマー
  • メディア: DVD


オーストラリア東海岸の港町。
ロズ(ロビン・ライト)とリル(ナオミ・ワッツ)は、幼馴染みの親友。
2人は同じ年に息子を産んだ。
ロズの息子トム(ジェームズ・フレッシュヴィル)とリルの息子イアン(ゼイヴィア・サミュエル)は、母親たちと同じように親友になり、17歳に成長した。
ある日、ロズの夫ハロルド(ベン・メンデルソーン)が、シドニー大学で演劇の専任講師の職を得る。彼は家族揃ってシドニーへ転居しようと言う。
ある夜、深酔いしたトムの介抱をするため、イアンはロズの家に泊まる。
そして、トムと寝てしまう……。

原題は『Two Mothers』。
女性の親友同士が、それぞれ相手の息子と寝てしまう。
何ちゅう話だと思うが、その女性2人が美しいロビン・ライトとナオミ・ワッツなので、そういうこともあるかもと思わされてしまう。
オーストラリア東海岸の景色がひたすら美しい。
その中で生きる人間たちの愚かさと見事な対象をなしていた。
ラストシーンの虚無感は、ちょっとフランス映画のような味わいだった。

明日から、キャラメルボックス2018グリーティングシアター『ながれぼしのきもち』のツアーが始まります。
一カ所目は、所沢。
10月6日(土)、所沢市民文化センター・ミューズ・マーキーホールで、14時の開演です。
中野ザ・ポケットよりはるかに広い劇場なので、芝居は大きく変わるようです。
なのに、お値段は、ザ・ポケット公演より1000円も安い!
ぜひぜひ所沢マーキーホールにお越しください。
マーキーホールは、西武新宿線航空公園駅から歩いてすぐです!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

列車に乗った男 [映画]

9月30日(日)
パトリス・ルコント監督『列車に乗った男』(2002年)GYAOで鑑賞。

列車に乗った男 [DVD]

列車に乗った男 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


フランス。
列車に乗って、ミラン(ジョニー・アリディ)がある田舎町にやってくる。
ホテルに行くが、季節ハズレで休業中。
薬屋で、元フランス語教師のマネスキエ(ジャン・ロシュフォール)と出会い、彼の家に泊まることを勧められる。
マネスキエは大きな古い屋敷に一人で暮らしていた。
ミランは持っていた拳銃をタンスに隠すが、マネスキエに見られてしまう……。

『髪結いの亭主』『仕立屋の恋』などで有名なパトリス・ルコント監督が、常連のメンバーである、ジャン・ロシュフォールを主演にして撮った映画。
老いた元教師と、寡黙な銀行強盗の間に芽生えた友情を描く。
物語はシンプルだが、深い味わいがあり、楽しめた。

アルテメイト・プロデュース『おおきく振りかぶって/夏の大会編』大阪公演、本日が千秋楽です。
強い台風が迫っていますが、もちろんやります。
12時開演で、1415には終わるので、風雨が強くなる前に帰宅できるはずです。
ぜひぜひ梅田ドラマシティにお越しください。
24人の若者たちの最後の雄姿を見届けてください。
台風なんかに負けないで!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

プラネタリウム [映画]

9月29日(土)
レベッカ・ズロトヴスキ監督『プラネタリウム』(2016年)WOWOWで鑑賞。

プラネタリウム [DVD]

プラネタリウム [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: DVD


1930年代、フランス。
ローラ(ナタリー・ポートマン)とケイト(リリー=ローズ・デップ)のバロウズ姉妹は、アメリカから来た降霊術師。
ローラの司会と、ケイトの不思議な霊力で人気を博していた。
ある日、映画会社の社長コルベンが、2人の映画を撮りたいと、自分の屋敷に住まわせる。
そして、ローラをある映画のヒロインに抜擢。
ローラが撮影所に行っている間に、コルベンはケイトと2人で降霊会を行い、心霊現象を撮影しようとした……。

コルベンは実在の人物らしいが、実話に基づいた映画、というクレジットはなかった。
ナタリー・ポートマンが目的で見たのだが、オカルトでもサスペンスでもない、中途半端な映画だと思った。
ナタリー・ポートマンの出演作の選択には、いつも首を傾げてしまう。
リリー=ローズ・デップは、ジョニー・デップの娘らしい。
似ているとは思わなかったが、さすがに美人だった。

今日は林貴子・森めぐみ・原田樹里のプロデュース・ユニット「ねこはっしゃ。」の第三回公演『ふたり、静かに』を見に行ってきます。
昨日の初日、妻と高3の息子が見に行って、絶賛していました。
脚本・演出が空晴の岡部尚子さんなので、とても期待できます。
それでは行ってきます。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

静かなる叫び [映画]

9月28日(金)
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督『静かなる叫び』(2009年)WOWOWで鑑賞。

静かなる叫び [Blu-ray]

静かなる叫び [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • メディア: Blu-ray


1989年12月6日、モントリオール。
ヴァレリー(カリーヌ・ヴァナッス)とジャン=フランソワ(セバスティアン・ユベルドー)は、理工科大学に通う学生で、現在就職活動中。
授業中、教室にライフル銃を持った男子学生が入ってきて、中にいた男子を全員外に追い出した。
そして、残った女子全員にライフルを乱射した‥‥。

モントリオールの大学で起きた銃乱射事件を映画化したドラマ。
主要な人物は架空だが、モノクロで、ドキュメンタリー・タッチで撮られているので、物凄くリアルに見えた。
77分と短いが、怖いほどの緊張感。
犯人は学内を歩き回り、14人の女子学生を射殺した後、自殺して果てる。
しかし、生き残ったヴァレリーと、彼女を残して教室を出た男子学生ジャン=フランソワは、心に深い傷を負う。
ヴィルヌーヴはこの映画で、アカデミー賞外国語映画賞候補となった。
一見の価値あり。

アルテメイト・プロデュース『おおきく振りかぶって/夏の大会編』大阪公演、いよいよ今日が初日です。
開演は14時。
ドラマシティの舞台は、サンシャインより一回り広いので、役者たちも演じやすいし、お客さんも見やすい。
僕自身も楽しみにしています。
ご来場を心よりお待ちしております。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

予兆/散歩する侵略者 [映画]

9月27日(木)
黒沢清監督『予兆/散歩する侵略者』(2017年)WOWOWで鑑賞。

予兆 散歩する侵略者 劇場版 [DVD]

予兆 散歩する侵略者 劇場版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


山際悦子(夏帆)は、看護師の夫・辰雄(染谷将太)と二人暮らし。
ある日、同僚の浅川みゆき(岸井ゆきの)から、家に幽霊がいると告白される。
しかし、家にいたのは父親だった。
みゆきは家族という概念を失っていた。
悦子はみゆきを辰雄の勤める病院へ連れていったが、新任の外科医・真壁司郎(東出昌大)に違和感を覚える‥‥。

黒沢清監督『散歩する侵略者』のアナザーストーリーで、脚本は監督のオリジナル。
こちらの宇宙人は恐ろしく、映画もホラータッチ。
宇宙人のガイドにさせられた辰雄を、悦子は懸命に救おうとする。
東出昌大君は、『寄生獣』に続く宇宙人役だが、なぜかよく似合った。

アルテメイト・プロデュース『おおきく振りかぶって/夏の大会編』大阪公演の仕込み2日目。
舞台では照明のシュート、明かり作り、音響の音出しが行われますが、僕と役者たちは劇場の稽古場で稽古。
東京公演から1週間空いたので、復習をしなければなりません。
そして、夜は場当たり。
頑張るぞ!
nice!(2) 
共通テーマ:演劇

散歩する侵略者 [映画]

9月26日(水)
黒沢清監督『散歩する侵略者』(2017年)WOWOW で鑑賞。

散歩する侵略者  通常版 [DVD]

散歩する侵略者 通常版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



加瀬鳴海(長澤まさみ)は夫の真治(松田龍平)とうまくいっていない。
その真治が数日間、行方不明になった後、まるで別人のように穏やかになって帰ってきた。
そして、自分は宇宙人だと言った。
ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は殺人事件の取材に来て、天野(高杉真宙)という若者に出会う。
天野は女子高生・立花あきら(恒松祐里)を探していた。
天野の話によれば、天野とあきらは宇宙人で、地球を侵略に来たらしい‥‥。

劇団イキウメで上演した、前川知大氏の同名脚本の映画化。
SF的な設定で、人間とは何かを考える。
宇宙人は地球人の様々な概念を調査していく。
相手に概念を想起させ、奪い取る。
その様が怖くもあり、ユーモラスでもある。
高杉真宙君は先日、『おおきく振りかぶって/夏の大会編』を見に来てくれた。
活躍しているようで、うれしい。

1230から、キャラメルボックス俳優教室の第三回セリフ発表会。
緊張が目立ったけれど、各組まずまずの出来でした。
東京発1500ののぞみで、大阪にやってきました。
アルテメイト・プロデュース『おおきく振りかぶって/夏の大会編』がいよいよ始まるのです。
今日からパソコンを変えました。
これだけ打つのに、1時間以上かかっています。
日本語がちょっと固いのはそのためです。
ご容赦を!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

 [映画]

9月25日(火)
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督『渦』(2000年)WOWOWで鑑賞。

渦~官能の悪夢~ [DVD]

渦~官能の悪夢~ [DVD]

  • 出版社/メーカー: タキ・コーポレーション
  • メディア: DVD


カナダ。
ビビアン(マリ・ジョゼ・クローズ)は25歳でブティックのオーナー、母親は有名な女優。
初めて人工中絶手術を受けた上に、ブティックも経営危機に陥っていて、気分は激しく落ち込んでいた。
クラブで酒を呷った夜、車で老人を轢き殺してしまう。
翌日、新聞で老人が魚の卸売り業者だと知り、葬儀に出向く。
そこにいたのが、老人の息子で、ノルウェーでダイバーをしているエヴィアン(ジャン・ニコラス・ヴェロー)だった……。

『ブレード・ランナー2049』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の、若き日の作品。
これがアカデミー外国語作品賞の候補になり、一躍注目されたらしい。
原題は『Maelstrom』で、登場人物はフランス語を話す。
ひき逃げした女が、被害者の息子と恋に落ちる。
結果、女は罪を免れる。
劇的だが、何ともイヤな感じの物語だった。

キャラメルボックス2018グリーティングシアター『ながれぼしのきもち』、東京公演が無事に終わり、いよいよツアー開始!
1つ目の町は、埼玉県所沢市。
10月6日(土)、所沢市民文化センターのマーキーホールです。
中野ザ・ポケットよりずっと広い劇場なので、演出が大きく変わります。
そのために、所沢へ行く前に、何日か稽古をする予定。
所沢近辺にお住まいの方だけでなく、中野で一度ご覧になった方も、ぜひぜひご来場ください。
お待ちしています。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

タイムトラベラーの系譜/ルビー・レッド [映画]

9月24日(月)
フェリックス・フックシュタイナー監督『タイムトラベラーの系譜/ルビー・レッド』(2013年)WOWOWで鑑賞。

タイムトラベラーの系譜 ルビー・レッド [DVD]

タイムトラベラーの系譜 ルビー・レッド [DVD]

  • 出版社/メーカー: アメイジングD.C.
  • メディア: DVD


ドイツ。
グウェン(マリア・エーリック)は16歳の高校生。
タイムトラベルの能力を持った一族に生まれたが、その力は従姉妹のシャーロット(ローラ・ベルリン)が受け継ぐはずだった。
ところがグウェンに発現してしまい、いきなり一族の「監視団」に入れられる。
そして、ミッションを与えられ、パートナーのギデオン(ヤニス・ヤーヴナー)とともに、過去へと飛ぶ……。

ドイツで100万部を越えるベストセラーとなった、K・ギアのヤングアダルト小説『時間旅行者の系譜』を映画化したもの。
原作は全3巻で、映画も3部作。
『ルビー・レッド』は原作の第1巻『紅玉は終わりにして始まり』に当たる。
WOWOWで偶然見つけて、「タイムトラベルは全部見たい!」と思って鑑賞したのだが、どうもピンと来なかった。
タイムトラベルについてあまりにも説明不足だし、ヒロインにも魅力を感じない。
続きは見ないだろうなあ。

今日はキャラメルボックス2018グリーティングシアター『ながれぼしのきもち』東京公演の千秋楽。
しかし、僕はキャラメルボックス俳優教室の授業に行きます。
稽古場からザ・ポケットまで、歩いて10分なので、授業が終わったら、千秋楽に駆けつけようと思っています。
それでは行ってきます。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

プチ・ニコラ [映画]

9月23日(日)
ローラン・ティラール監督『プチ・ニコラ』(2009年)WOWOWで鑑賞。

プチ・ニコラ [DVD]

プチ・ニコラ [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日: 2011/05/26
  • メディア: DVD


フランス。
ニコラ(マキシム・ゴダール)は、父親(カド・メラッド)と母親(ヴァレリー・ルメルシェ)と暮らす小学生の男の子。
ある日、両親の会話から、もうすぐ赤ちゃんが生まれると信じ込む。
もし弟が生まれたら、自分は大事にされなくなり、「親指小僧」のように森に捨てられてしまう!
ニコラは同級生たちに相談し、両親にサービスを始めるが……。

フランスで50年間愛され続けてきた、国民的絵本『プチ・ニコラ』の実写映画化。
日本で言えば『ちびまる子ちゃん』の世界だが、ギャグがベタすぎて、全く笑えなかった。
フランス本国では受けたようで、続編も作られたらしい。
子供向け、ファミリー向けの映画。

キャラメルボックス2018グリーティングシアター『ながれぼしのきもち』、今日を入れて残り2日となりました。
昨日、高校3年の息子が見てきました。
「石川さんが一番よかった」と言っていました。
今回は気の強いおばあちゃん役。
関根翔太が演じる主人公の「氷川圭太」をいじめるところは何とも憎々しげで小気味よい。
一見の価値ありです。
本日は14時と18時の2ステージで、どちらも当日券が若干出るようです。
さあ、今すぐ家を飛び出して、中野ポケットスクエアのザ・ポケットへ!


nice!(2) 
共通テーマ:演劇